健康ナビ

健康になるための情報

病気療法

つかれ目に効く!~野草とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「つかれ目に効く野草」のご案内です。 漢方では、肝が目をつかさどる、といわれています。 目が輝いている人は、肝臓の働きがよく、目の輝きのよくない人は、肝臓の働きが劣っているとされています。 また、黒目…

じんま疹に効く!~野草・生薬とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「じんま疹に効く、野草・生薬」のご案内です。 じんま疹は、皮膚が急にかゆくなり、かくと赤くはれたり発疹ができます。 かゆみや、はれは、数十分もすれば消えていくこともあれば、時には、数日間続く場合や、再…

肩コリのある人に!~自然の薬湯をおすすめ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肩コリには薬湯を」のご案内です。 肩こりは、誰もが経験したことのある、症状ではないでしょうか。 その原因はさまざまで、肩の使いすぎ、姿勢が悪い、筋肉に疲労物質がたまるなどのほか、更年期障害、頸椎の異…

おできができたら!野草が効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「おできには野草が効く」です。 おできができるのは、食生活がおおいに関係しているといわれています。 おできができやすい人は、日ごろから、砂糖がたくさん含まれている、チョコレートやケーキ類などのとりすぎ…

慢性胃炎~家庭療法が大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「慢性胃炎の家庭療法」のご案内です。 胃炎は、精神的なストレスから起こる場合が多いとされていますが、愛煙家やお酒好きの人に多くみられるので、胃に刺激を与えすぎ、が一因ではないかとも考えられています。 …

糖尿病~食事療法が大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「糖尿病の食事療法」のご案内です。 糖尿病は、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気です。 また、糖尿病は、膵臓と密接な関係にあり、膵臓の機能の低下による、膵臓から分泌される、インシュリンとい…

薬膳!~精神不安やストレスの悩みを解消する!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ストレスを和らげてくれる薬膳」のご案内です。 精神不安や神経衰弱、ストレスなどは、精神病とは違い神経症の一つと考えられます。 精神不安や神経衰弱などは、春先になると多くみられ、これは、腎臓や肝臓の働…

ふさふさした髪を保つ!~こうして抜け毛を防ぐ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「抜け毛を防ぎふさふさした髪を保つ」のご案内です。 頭がハゲる原因は、遺伝子によるものや、男性ホルモンに関係があるといわれています。 そのほかにも、髪の毛がだんだん薄くなる要因は、加齢、ストレス、脂肪…

痛風!~プリン体の少ない食品とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「痛風について」のご案内です。 痛風は、昭和30年以降、食生活がよくなるにつれ、徐々に患者が増えはじめ、今ではよくみられる病気といわれています。 痛風という病気は、血液中の尿酸が異常に増加することによ…

低血圧症!~これが効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「低血圧症にはこれが効く」のご案内です。 低血圧症とは、上の血圧が100mmHg以下の場合をいいます。 この場合、無気力、疲れやすい、耳鳴り、めまい、便秘、生理不順などさまざまな症状を伴います。 低血圧症…

かぜのひき始めには!~これ!おすすめ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「かぜをひいたと思ったら」のご案内です。 かぜは、誰もがかかったことのある、病気ではないでしょうか。 多い人では、年5、6回もかぜをひくこともあるようです。 かぜをひいても、普通は1週間ほどで治ります…

胃のもたれ、胸やけ!~・・には、これをおすすめ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「消化をよくする代表食品・大根」のご案内です。 食べ過ぎたときや、お酒を飲みすぎたときに、げっぷ、胃のもたれ、胸やけなど、だれでも経験されているのではないでしょうか。 しかし、原因もないのに、胃のもた…

食欲がない!~これで解決!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「食欲がない人におすすめ」のご案内です。 食欲は、精神的な悩みや、病気のような身体的、また、生理的ストレスなどの影響を受けやすいものです。 単に食欲不振といっても、このようにさまざまな要因が考えられ、…

眠れない場合は!~一度試されてはいかがでしょう!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「こうすれば眠れる」のご案内です。 床についても寝つきが悪い、眠りが浅い、夜中に目が覚める、朝まで眠れなかった、などといった日が続くとつらいものです。 不眠は、周りの環境変化や興奮状態になる、高齢のた…

二日酔い!~これらが効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「二日酔いには」のご案内です。 お酒を飲みすぎて、翌日まで頭痛、吐きけ、めまいなどの症状が残ることを二日酔いといいますが、お酒を飲まれる方の多くが、この不快な経験をされているのではないでしょうか。 ア…

水虫!これらが効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「水虫」のご案内です。 水虫は、治りにくいやっかいな症状の一つで、治す薬がないとまでいわれています。 この水虫の症状は、毛瘡菌(もうそうきん)や、惺紅色菌(せいこうしょくきん)など、菌の感染が原因です…

イライラする~これには牡蠣が効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「イライラするときは牡蠣が効く」のご案内です。 神経症の一つといわれるヒステリーは、イライラしやすい人に多く見られる症状です。 ヒステリーを起こすと、耳が聞こえにくくなったり、手足のしびれや喉がつまり…

夏バテ~キュウリが効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「キュウリの利用法」のご案内です。 夏の暑い日が続くと食欲不振になったりします。 また、暑くて寝苦しいときは、睡眠不足におちいることもあります。 その結果、体重が減少して疲労感や倦怠感が増すことになり…

声がかれる!~このように対処する!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「声がかれる」のご案内です。 声がれは、かぜや、大声を発したことが原因で、よくあらわれる症状ですが、カラオケによる声がれも多いといわれています。 しかし、原因がわからず3週間以上、声がれが続く場合は、…

食あたり!~吐かせることが第一!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「食あたり」のご案内です。 食あたりは食中毒ともいわれ、その多くは細菌に汚染された食品を食べたために起こるものです。 そのほかにも、毒キノコなどの有毒植物やフグの毒といった、食材が原因のものや有害化学…

体重の異常!~太る・太りすぎ!病気の見分け方!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「太りすぎ-1」のご案内です。 一般的には、秋から冬にかけて太る人が多いようです。 胃腸の調子がよいときは、食欲旺盛でよく食べられますが、食べた分のエネルギーを消耗しないときは太ります。 成長期に太っ…

しみ・そばかす!~ノリ&ハトムギを用いればよい!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ノリ・ハトムギを用いる」のご案内です。 しみは1度あらわれると、なかなか消えないものです。 しみには前兆がありますから、その段階で素早くキャッチし、肌を守ればしみを防ぐことができます。 一般に、どち…

しみ・そばかす!~ヨーグルト&アズキを用いればよい!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「アズキ・ヨーグルトを用いる」のご案内です。 しみとそばかすは、どちらも皮膚に色素が沈着して起こりますが、なぜ起こるのか、くわしいことは解明されていないようです。 そばかすの場合は、子供のころにはすで…

にきび!生活上の注意点とは!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「にきび」のご案内です。 にきびは尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)ともいわれ、思春期から20才代の人に多くみられます。 多くは脂腺の集まる顔面にできますが、胸や背中にもできることがあります。 このに…

肩こり!~さまざまな原因が考えられる!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肩こり」のご案内です。 こりは肩だけでなく、背中や首がこるといった場合も多く、精神的ストレスや過労などが原因で、起こることも多いものです。 一言で肩こりといっても、その症状には、こりそのもののほかに…

腰痛!~心構えも大切!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「腰痛」のご案内です。 近年、若年層にも腰痛が増えてきたことが大きな問題になっているそうです。 腰痛の原因の大部分は、脊椎を支えている、腹背筋の衰えからきているといわれています。 なかには内臓疾患から…

肝臓の働きとは!~このような役割がある!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「肝臓の働き」のご案内です。 肝臓は体内の臓器のなかで、いちばん大きく重量は成人男性で1000~1500g、成人女性では900~1300gで、体重の約2%にもなります。 その位置は、中央より右のおなかの上の、横隔膜…

下痢になってしまった!どうすればいいの!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「下痢になってしまったら」のご案内です。 下痢の症状には、一日一回程度の軽いものから、一日何回もトイレへ行かなくてはならないような、重いものまであります。 また、ときには激しい腹痛とともに、頻繁に便意…

むし歯の痛みに!~こんなにある民間療法!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「むし歯の痛みに民間療法」のご案内です。 むし歯で漢方療法を用いることは、非常に少ないようです。 しかし、歯科の治療と併用することによって、愁訴を軽減させることができるのではないでしょうか。 むし歯の…

むし歯!~これが一番大切。一に予防、二に早期治療!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「むし歯」のご案内です。 1984年の統計では、12才で、一人平均4.8本のむし歯があったものが、2016年の統計によると、同じ12才で、平均0.8本と32年間で4本も減少しています。 このように子供の…