健康ナビ

健康になるための情報

体重の異常!~太りすぎの手当て!

f:id:w-yakyuuboy:20170303162846j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「太りすぎ-2」のご案内です。

太りすぎると、様々な病気を招きやすくなるので、体重はできるだけ標準に近づけたいものです。

痩せるには、ご飯、めん類、パンなどの糖質食品などは思い切って減らし、特に甘いものはできるだけ控えます。

ビタミン、植物繊維質、ミネラルを含んだ食品やタンパク質食品は十分に摂取します。

また、三度の食事は栄養バランスを考え、平均的にとることが大切です。

 

 

体重の異常-2

太りすぎの手当て

太りすぎている場合

食べ物は栄養のバランスを考え、いろいろ工夫しているが、それでも減量しないときは、もう一度、間食していないか、甘いものをとりすぎていないかをチェックします。

果物も特にバナナ、柿、ブドウなどのとりすぎはよくありません。

肥満になる原因の一つとして、摂取したカロリーよりも、消費するカロリーのほうが少ない場合です。

このため、体重は毎日測定し、体重が増えないように日々管理をすることです。

要するに必要な栄養素は十分摂取しながら、糖質食品を主に摂取カロリーを減らしていきます。

わずかでも体重が増えた日は、絶食でもして元にもどします。

運動による減量も効果はありますが、運動だけで痩せることはあまり期待できません。

また、たとえば月に5㎏以上も急に痩せると、体にもよくなく、また反動で逆に太りやすくなります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170303162931j:plain

 

 

病的な太りすぎの場合

なぜか生気がなく、体が重く感じたり、洋服のサイズが合わなかったり、むくみ感があるときなどや、急激に体重が増加した場合は、医師の診断を仰ぎましょう。

糖尿病、腎臓病などが考えられるので、尿検査をうけます。

また、ホルモン異常の場合は、代謝測定検査を。

やせる薬として、甲状腺ホルモン剤がありますが、過量の場合、心臓など内臓障害を起こすこともあるので、使用の際は医師の指示に従います。

 

以上が「太りすぎ-2」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

便に異常がある!~観察のポイント!その手当て!

f:id:w-yakyuuboy:20170301180412j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「便に異常がある-1」のご案内です。

便は、栄養分を消化吸収したあとの食べ物のかすや、腸に寄生している細菌類が排泄されるものです。

普通、便は黄褐色をしていますが、食べ物によって多少、色は変化します。

回数は人によって違いますが、一日一回が最も多く、一日2~3回、あるいは二日に1回を習慣にしているという人もいます。

異常便としては、水分が多くて形がない便の出る下痢、逆にかたくて出にくい便秘と、便の出る量や回数が極端に減ったり、便の色が白っぽくなるものや大便に血液がまじる血便などがあります。

排便の際に痛みはなく、便意を催してから10分程度は我慢することができて、便器に座ると、2~3分で自然に排便できて、排便後もなんの異常感もないのが、正常な状態といえます。

快便は健康のバロメーターであり、健康のしるしになります。

 

 

便に異常がある

観察のポイント

1.便に混合物はありませんか

不消化物や血液、粘液の混入など。

血液の混入の場合、原因によって鮮赤色、赤褐色、暗赤色、黒色などに変化する。

 

2.排便習慣に変化はありましたか

排便は規則正しいか、便秘、下痢はないか。

あるなら期間はどのくらいか。

 

3.便秘に伴って、体調や便に変化は

便が細くなった、血便が出る、腹痛、また、体重が減ったなどはないか。

 

4.下痢のときは、便の性状は

水状か少しやわらかい程度かなど。

また、食べ物の鮮度、食べ合わせ、種類などはどうかなど。

 

5.下痢、便秘、血便のほかに自覚症状がありますか

吐きけ、発熱、排便後の疼痛など。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170301180511j:plain

 

 

便秘のときの手当て

1.便意は抑えない

便意をもよおしたら、なにがあろうとも便所に行くことです。

 

2.排便は毎日を習慣に

朝の起床時は、便意がなくても便意を促すため、冷たい牛乳や水をのむなど、習慣づけをします。

 

3.適度の運動を

軽いスポーツや散歩は腸を刺激して、便秘の症状に効果的です。

時間がないときは、体を前後左右に曲げるだけでも有効です。

 

4.できるだけ下剤にたよらないようにします。

また、精神的な動揺は避けます。

 

下痢のときの手当て

1.お腹を冷やさないように

温湿布や懐炉などでお腹を温めるのも有効です。

 

2.肛門の周囲は清潔に

ぬるま湯で清拭きしたり、座浴を行います。

下痢が頻繁になると、どうしても肛門周囲が不潔になり、ただれやすくなります。

 

3.安静に

大事なことは、なるべく腸が蠕動(ぜんどう)を起こさないよう、安静にすることです。

また、原因はなにかを考えて、大事に至らないよう病院に行くことも大切です。

 

※蠕動とは、筋肉が伝播性の収縮波を生み出す運動のこと

 

以上が「便に異常がある-1」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

排尿と尿に異常がある!~その手当て その2!

f:id:w-yakyuuboy:20170228181214j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「排尿と尿に異常がある-4」のご案内です。

尿の色は病気によって変わります。

〔尿の色で考えられる主な病気〕

「初めに血尿がでるとき」

尿道炎。

「終わりに血尿がでるとき」

前立腺腫瘍、膀胱炎、膀胱結石など。

「初めから終わりまで血尿がでるとき」

腎炎、胃腫瘍、膀胱炎、膀胱の腫瘍、尿路結石、突発性腎出血、尿道息肉など。

「淡紅色の尿がでるとき」

薬物中毒。

「紅褐色の尿がでるとき」

ヘモグロビン尿、ワイル病、発作性血色素尿症、高度のやけどなど。

「赤褐色の尿がでるとき」

肝硬変、肝ガン、肝炎、胆石症、ワイル病などの病気が考えられます。

 

 

排尿と尿に異常があるー4

尿が濁っているときの手当て

1.水分をどんどんとる

ジュース、水、スープなどを多量にとって、尿量を増やして炎症の原因となる膿を流します。

また、水分をどんどんとって、結石ができにくいようにします。

腫瘍の炎症や結石の場合は、食事は刺激のないものをとり安静にします。

 

2.尿に血がまじっているとき

血尿の回数や量が多いと、貧血が起こってきます。

体の保温に気を付けて安静にします。

 

3.便秘をしないように

便秘のときは浣腸や下剤などを用います。

その場合医師に相談し指示に従います。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170228181300j:plain

 

 

尿を漏らすときの手当て

1.病気をはっきりさせる

先ずもって泌尿器科医の診察をうける。

 

2.おむつを当てるときは清潔に

おむつを当てると異臭がして、周りの人にいやがれます。

湿疹やただれの予防のためにも、毎日シャワーか入浴をこまめにしましょう。

これが無理なら体を拭いてあげましょう。

また、おむつは一日一回以上は交換します。

香水を利用するのもよいでしょう。

 

3.前立腺肥大症、尿管の膀胱外開口の場合は直ちに手術を

夜尿症は、暗示や不安を取り除くことによって、また、薬物療法などで治ります。

しかし、前立腺肥大症や尿管の膀胱外開口の場合は手術が必要です。

尿失禁も、ほとんどは手術で治ります。

 

以上が「排尿と尿に異常がある-4」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

排尿と尿に異常がある!~観察のポイント!その手当て!

f:id:w-yakyuuboy:20170227120348j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「排尿と尿に異常がある-3」のご案内です。

尿の出方は病気によって、尿が出にくい、尿量が多い、尿量が少ない、尿を漏らすなどといった症状が起こります。

〔尿の出方で考えられる主な病気〕

「尿が出にくいとき」

前立腺ガン、膀胱の腫瘍、前立腺肥大症、尿道炎、尿道狭窄、淋病、外傷、フィラリア症など。

「尿の量が多いとき」

尿崩症、糖尿病、萎縮腎など。

「尿の量が少ないとき」

腎炎、心臓病、ネフローゼ症候群など。

「尿を漏らすとき」

前立腺肥大症、腹圧性尿失禁、脊髄・脳の病気などが考えられます。

 

 

排尿と尿に異常がある

観察のポイント

1.尿のにおいや色に変化はありますか

尿のにおいはどうか、尿に血液がまじっていないか、あるとすれば、排尿の初めだけか、終わりだけか、あるいは排尿中ずっと血液がでるのかなど。

 

2.尿の回数や量はどのように変化しましたか

昼と夜とでは回数や尿量に違いはあるか、また、排泄する一日の尿量に変化はあるか、ほかに尿がでにくくなったとか、喉が渇きやすくなったとか、過去に病気があったかなど。

 

3.他にどのような症状がありますか

発熱、腰痛、むくみ、貧血、発赤などの症状。

また、排尿時や排尿後に痛みはないかなど。

 

4.尿を漏らすことはありますか

いつからか、背中に外傷を受けたことがあるか、膀胱や卵巣などの手術の有無はどうかなど。

 

5.薬を服用していますか

服用中ならどういう種類の薬か。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170227120443j:plain

 

 

尿の回数や量が多いときの手当て

1.用を足しやすいように配慮を

寝室はトイレの近くにするか、寝室で簡易トイレを用いるか、寝たままでも使える尿器を利用するなど。

 

2.水分の補給は気をつける

昼間は、医師の指示に従って、栄養分や水分補給を行います。

また、就寝前は水分を控えるようにします。

 

3.保温に心がける

寒いと排尿が近くなるので、寝室やトイレは温かくするよう努めます。

 

4.陰部は清潔に

排尿が多いと不潔になりやすいので、そのたびにお湯でふきます。

 

尿の出が悪いときの手当て

1.脱水状態の場合は水分補給を

下痢の症状や、高熱のために汗をかいて脱水状態になっているときには、尿量が少なくなります。

このような時は、水分補給がすぐできるように、近くに水やお茶を、置いておくとよいでしょう。

 

2.腎臓が悪いときは

一日の水分補給量と排尿量を正確にはかります。

 

以上が「排尿と尿に異常がある-3」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

排尿と尿に異常がある!~その種類と原因 その2!

f:id:w-yakyuuboy:20170226180738j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

利尿に効くウツボグサカワラケツメイ(薬草)をご紹介します。

ウツボグサ(生薬名夏枯草カゴソウ))は日本じゅうどこでも、日当たりのよい路傍や野原などで見かける多年草

塩化カリウム、ウルソール酸とその配糖体のプルネリンが含まれ、利尿を促進する作用があります。

夏に花穂が褐色になりかけたころを採取します。

花穂を日干しに。

利用法は、

水300~400mlに乾燥花穂10~15gを入れ、半量になるまで煎じます。

一日3回に分けて温かいうちに飲みます。

 

次はカワラケツメイです。

カワラケツメイは、マメ科の野草で、別名、山扁豆(さんぺんず)、イタチサザゲとも言われ、日当たりのよい川原や野山などに群生する一年草

全草中に、フラボノール類やアントラキノン類を含み、利尿や緩下(便秘解消)に効きます。

8月ごろ、全草をとり刻んで、日干しにして乾燥させます。

利用法は、

水1000mlに、乾燥したもの6~10gをやかんに入れて、5分ほど煮立ててこします。

これをお茶代わりに飲みます。

健康茶の一種で、昔から弘法茶として愛飲されてきました。

飲用していると排尿もよくなり、便通もととのえてくれます。

 

今回は「排尿と尿に異常があるー2」のご案内です。

 

 

排尿と尿に異常がある

尿の異常・排尿障害の種類と原因

4.血尿

尿に血液がまじるものです。

普通は、健康な糸球体の毛細管壁は赤血球は通しません。

このため尿に血液がまじるということはありません。

尿に血液がまじるということは、糸球体になんらかの異常が発生して、赤血球を通してしまうか、あるいは、腎臓を出た尿が体外に排出されるまでの経路に、出血があって血液がまじるかのどちらかです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170226180808j:plain

 

 

5.糖尿

摂取した糖分が体の中で、上手に取り入れられずに、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が上がり、尿にまじる病気です。

 

6.タンパク尿

糸球体毛細管を出たタンパク質は、尿細管で再吸収されます。

このシステムに異常が起こるとタンパク尿となります。

 

7.混濁尿(こんだくにょう)

尿が乳白色になる乳糜尿(にゅうびにょう)はフィラリア寄生虫の1種)によるもので、膿、塩類、細菌などがまじっていると尿が濁ります。

また、尿道炎、膀胱炎、腎盂炎(じんうえん)、腎結核などのときには膿尿となります。

 

8.排尿障害

これには2種類あります。

一つは尿失禁で、排尿反射の中枢である膀胱脊髄中枢が損傷を受けて、膀胱筋や排尿筋の緊張がなくなったり、排尿反射が起こらなかったりして、自分の意志とは無関係に尿が漏れてしまう場合です。

あるいは、膀胱に尿がたまっていながら、膀胱括約筋のケイレンや排尿筋のマヒ、異物による尿路の遮断、これらにより尿が出せない尿閉とがあります。

 

以上が「排尿と尿に異常があるー2」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

排尿と尿に異常がある!~その種類と原因!

f:id:w-yakyuuboy:20170225183321j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

前回、止血効果のある食べ物として、白いサツマイモをご紹介しまたが、その利用法をここでご紹介します。

白イモを日の光に当てておくと緑色になります。

これは葉緑素の物質を含んでいるためと思われます。

葉緑素は、体内で造血作用と、新陳代謝を促進します。

白イモの造血、止血の効果は、これらの相乗作用によるものと思われます。

ここで白イモの利用法をご案内します。

白イモ100gを皮ごとすりおろし、水カップ1/2を加えて、ふきんで絞ります。

あるいは、ミキサーに白イモ100gを適当な大きさに切って入れ、水カップ1/2を加えてミキサーにかけて、ふきんで絞ります。

これが大人の一回分の量です。

この汁を一日2~3回、食前の空腹時に飲用します。

そのたびにすりおろして新鮮な汁を飲みます。

茎や葉も青汁にして飲むとよいでしょう。

 

ここから「排尿と尿に異常があるー1」のご案内です。

 

 

排尿と尿に異常があるー1

健康な人の尿量は、大人、一日1000~2000ml前後で、尿の色は普通、麦わら色をしています。

排尿の回数は、普通大人で日に4~5回です。

これ以上でも以下でも病的といえます。

回数や色などは、自分でもチェックできるので、日頃からよく見て健康管理に役立てましょう。

 

尿の異常・排尿障害の種類と原因

多尿

尿量が一日2000ml以上のものをいいます。

病的に考えられるものは、糖尿病のように、のどが渇き易く水を多く飲んで、多尿になるという場合。

あるいは腎臓内の尿細管で機能が低下し、濃縮力がおちて、薄い尿しか出せないために起こります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170225183413j:plain

 

 

頻尿

排尿回数が、一日に10回以上の場合をいいます。

尿道や膀胱が炎症を起こしたり、大きな腫瘍や結石によって、膀胱容量が小さくなった場合、頻尿になります。

 

無尿と乏尿

尿量が一日100ml以下ものを無尿、400ml以下のものを乏尿といいます。

腎臓の糸球体(毛細血管が球状に集まったもの)で、尿の生成機能に異常が生じ、尿細管で水分吸収が過剰に起こると、尿量が減少します。

 

以上が「排尿と尿に異常があるー1」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

血を吐く(吐血と喀血)!~漢方療法!

f:id:w-yakyuuboy:20170224160620j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「血を吐く(吐血と喀血)の漢方療法」です。

まず止血効果のある食べ物として、白いサツマイモをご紹介します。

この白いサツマイモに、優れた止血効果のあることが報告されています。

白イモには、ビタミンKが普通のサツマイモに比べて、3倍も多く含まれています。

抗出血ビタミンであるビタミンKには、止血作用があり、血液を凝縮させる効果があることで知られています。

また、普通のサツマイモに比べて乳汁も多く、抗貧血性ビタミンであるビタミンMや、葉酸を多く含んでいるのが白イモの特徴です。

これらが造血の働きを促進して、貧血の改善に効果があるとされています。

歯ぐきの出血や鼻血、胃や腸など内臓からの吐血と下血、痔の出血、さらに手術のとき、お産のあとの出血など、ありとあらゆる出血に対して、優れた止血作用があります。

また、紫斑病が治った例や白血病の症状が軽快した子供の例、血小板減少症が回復したという例など、血液の病気に効果があることがわかっています。

次は、漢方療法のご案内です。

 

 

血を吐く(吐血と喀血)

吐血と喀血の漢方療法

漢方では、吐血も、喀血(かっけつ)も、ほぼ同じ やり方で処方します。

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

女性で、オ血による喀血、吐血を起こしたときに使います。

実証タイプで、便秘があることが目安となります。

便秘のないときには、桂枝茯苓丸を使用します。

 

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

実証タイプで、のぼせ、便秘傾向のひとが吐いた場合に使用します。

三黄瀉心湯は、出血がなかなか止まらなく長引いて、胃痛を伴う場合に用います。

便秘のないときには、黄連解毒湯を使用します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170224160700j:plain

 

 

温清飲(うんせいいん)

出血が継続し貧血ぎみで、皮膚が乾燥してザラついて、みぞおちに抵抗感をおぼえる人によく用います。

 

芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)

虚証タイプで、女性の場合で手足が冷えて衰弱ぎみで、出血のときに使います。

 

加味帰脾湯(かみきひとう)

もともと、虚弱体質の人が、なんらかの出血を起こして、貧血ぎみとなり、寝つきが悪く、一度目が覚めると眠れないといった神経症状のある場合に用います。

 

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

体力が弱く、手足が冷えやすく血色もよくなく、動悸、息切れがして、せきを伴って血痰がでる場合に使います。

 

梔子豉湯(しししとう

虚証タイプで、たびたび不眠を訴え、胸のうちにウツ悶感があって、血を吐く人に使用します。

 

以上が「血を吐く(吐血と喀血)の漢方療法」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。