健康ナビ

健康になるための情報

腎臓~元気になるためにはこうすれば良い!これが大切!

f:id:w-yakyuuboy:20161208074953j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は前回に引き続き「腎臓病の食事-2」についてのご案内です。

脊椎動物の腎臓は形態上は前腎、中腎および後腎に区別されています。

 

脊椎動物の羊膜類,すなわち爬虫類,鳥類,哺乳類の成体にみられる腎臓。

これらの動物では,発生段階に従い,前腎,中腎に次いで後腎が現れ,前2者は順次退化,消失し,後腎のみが残る。

「ブリタニカ国際大百科事典より」

 

胎生時に1~2ヵ月経って、二つの部分から出来ます。

ひとつ目は、腎臓の主要な働きである、尿の分泌を行う部分が出来て、もう一つは尿を運ぶ部分ができるそうです。

また、腎臓が侵されると、腎臓の機能が低下し、正常な尿排泄ができ難くなります。

そのような状態になる前に、尿の検査と腎機能検査が必要です。

 

 

腎臓病の食事-2(慢性腎炎の食事のポイント-2)

むくみがない場合でも塩分は8g以下に

腎臓病で、血圧が高い時やむくみがある時、またはその兆候があるときには、塩分の制限が必要です。

その「むくみ」とは、腎機能の働きが悪くなることよって、体内の塩分が増加して、水分の排泄が滞って起こるものです。

したがって、このむくみを取るためには、水分の補給よりも、塩分を制限するほうが大切なのです。

重症時のⅠ度食の場合、無塩食で、醤油や塩などは使えません。

その他の食品にも、ごく少量の天然塩分が含まれているので、食塩1~2gは自然と摂取することになるからです。

中等症時のⅡ度食は食塩3~5g、軽症時のⅢ度食の場合には5~8g使用することができます。

慢性腎炎の場合で、食塩の摂取について特に指示がない場合でも、できるかぎり8g以下に抑えましょう。

食塩5gといえば、醤油なら大さじ1と2/3杯、塩なら小さじ1杯であり、この量で一日3食を賄うにはかなりの工夫が必要です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161208075038j:plain

 

 

料理前には調味料に含まれる塩分量を確認しておきましょう

料理の際には目分量、手秤は禁物です。

思いもよらず塩分をとりすぎる結果にもなりかねません。

特に塩は注意が必要です。

少量と思っていても、三本指で軽くつまんで1g強にもなります。

必ず軽量用スプーンを用いてキッチリとはかりましょう。

 

以上が「腎臓病の食事-2」についてでした。

腎臓病の予防や治療に少しでも参考になれば幸いです。

次回は「腎臓病の食事-3」についてご案内する予定です。

 

 

 

 

腎臓~働きを取り戻す!?元気になるために!こうしないとダメ!

 f:id:w-yakyuuboy:20161202190124j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「腎臓病の食事-1」についてのご案内です。

腎臓病とは、腎孟腎炎や腎炎などのように、腎孟や糸球体に炎症が起きたり、尿細管が侵蝕され腎臓の働きに異常が起こる病気です。

腎臓病は、まだ原因がはっきりと掴めていないようで、治療法もないようです。

しかし、腎臓病には食事療法がもっとも有効的といわれており、その食事方針に従うことによって、進行や悪化をある程度防止することができます。

ただ単に腎臓病といっても、その病型や症状によっても食事方針が異なるので注意が必要です。

ここでは、腎臓病の中でも食事療法を一番重要としている、慢性糸球体腎炎を主に記載しています。

食事療法は継続することが重要ですから、方針に従い無理のない食事をすることが大切です。

 

 

腎臓病の食事-1(慢性腎炎の食事のポイント-1)

食事療法は医師の指示に従って

古くからよくいわれることは、腎炎病の治療は食事が大切ということです。

腎臓病の食事療法といえば、「減塩、減タンパク」と昔からいわれています。

腎臓病は病型が多いことと、症状も色々と変わるので、それに伴って食事内容も変える必要があります。

患者の勝手な判断で食事制限をすると、回復が遅れたという例もあるので必ず医師の指示に従うようにしましょう。

 

腎臓病でも軽症の場合は、ほとんどが健康食と変わりません

慢性腎炎の場合は症状によって、3段階(Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度)の食事があります。

大まかにいえば、Ⅰ度食は重症時に、Ⅱ度食は中等症時、Ⅲ度食は軽症時の食事となります。

重症時のⅠ度の場合は、高カロリー、低タンパクで無塩食とかなり厳しいですが、軽症時のⅢ度の場合、塩分は健康人の約1/2と制限があるものの、一日の食品摂取量の面では健康人とほぼ変わりはありません。

慢性腎炎でも症状が安定している場合には、軽症時のⅢ度食となります。

しかし、症状も色々と変わるので、食事内容の詳細は必ず医師の指示に従うようにしましょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161202191024j:plain

 

 

以上が「腎臓病の食事-1」についてでした。

腎臓病の予防や治療に少しでも参考になれば幸いです。

次回は「腎臓病の食事-2」についてご案内する予定です。

イチジク(無花果)の効能!~人気の理由はここにあった!すげーよ!

f:id:w-yakyuuboy:20161207114131j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は、前回に引き続き「イチジク-2」についてのご案内です。

イチジクは中国の『本草網目』(生薬学の古典)にはすでに、「五痔(五種類の痔)を治す」と書かれているほど、古くからその効能が認められている果実です。

この実を食べると便通を整える作用があるほか、胃腸の働きを活発にして、炎症を抑える効果もあるといわれています。

葉や果実を採取した時に出る白い汁には、痛みを止める作用があります。

葉を風呂に入れて入浴すると、神経痛に良く効くともいわれ、入浴剤としても利用されています。

その他、利用法としては、生食のほかジャム、砂糖づけ、乾果、ぬかみそ漬け、缶詰めなどがあります。

 

 

イチジクとは

イチジクは春になると芽が出て、葉腋(ようえき)に花托(花が育つ部分)が発達して、倒卵球形の花囊(かのう)が形成され、その内側には淡い紅色の花が密生します。

花には雌雄があるが、ふつう雄花は花托の上辺には見あたらず、雌花だけが花囊(かのう)の内側に生じます。

またイチジクは雌雄異株であるが、日本の栽培種は受粉を必要としない単為結果性品種で、雄株がないといわれています。

増殖の方法としては、簡単である挿し木法がほとんどです。

イチジクは花の種類や授粉の有無により、普通種、スミルナ種、サンペトロ種、カプリ種に分類されます。

この中でも、スミルナ種は小アジア原産の高級品種とされているが、野生種のカプリ種が近辺に生えてないと、スミルナ種の果実は大きくなりません。

これは、カプリ種の果実に寄生するブラストファーガ(ハチ)がカプリ種の花粉をスミルナ種の雌花まで運ぶためです。

このためスミルナ種の栽培畑には、カプリ種を常に混ぜて植えています。

これをカプリフィケーションといいます。

食用とする果実の部分は、花托が発達したもので品種によって色が異なり、かっ色、緑、黄、黒、などの色をしています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161207114220j:plain

 

 

効能と利用法-2

効能1

慢性胃炎胃・十二指腸潰瘍消化不良

 

利用法1

乾燥果実を細かく切って弱火で炒り半分焦がす。

それをスプーン1杯にハチミツ小さじ1杯を加えて、お湯を注ぎ飲用する。

 

・イチジクは胃腸によい果物の王者ともいわれ、食欲の不振時や胃のムカつく時に良く効きます。

 

効能2

食欲不振

 

利用法2-1

生のまま食べる

 

利用法2-2

甘煮にする。

イチジクの実1kgに対して、ハチミツ100gとワイン1カップを加えて、煮詰めて汁けがなくなって火を止める。(毎日1個~2個食べる)

 

利用法2-3

果実酒にする。

完熟したイチジクの実800gをよく水で洗い、果梗部を取り除き縦2つに割る。
これに氷砂糖200gを加え、ホワイトリカー1.8リットルを注ぐ。

このまま1か月ねかせる。

1日にさかずき1杯をお湯割りか水割りにして飲む。

 

・イチジクの実は、胃腸を丈夫にする働きや、便の調子を整える作用および、緩下作用もあり便秘を改善します。

 

食欲がなく下痢、便秘気味の人には最適な食品といえます。

 

採集

真夏に採取する。

 

保存法1

葉は水洗いして、果実は縦に割って日干しにして、よく乾燥させる。

 

保存法2

水けをきったイチジクの実500gと、砂糖50gを鍋に入れ弱火で、汁に粘りけが出るほど煮詰める。

冷めてから瓶に入れて保存する。

 

保存法3

乾燥果実を焦げないように弱火であぶり、粉末にして保存する。(必要時に湯か水で溶いて飲む)

 

以上が「イチジク-2」についてのご案内でした。

参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

イチジク(無花果)花言葉~効能があるって?おいしいだけじゃなかった!

f:id:w-yakyuuboy:20161207113525j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は、「イチジク」についてのご案内です。

生薬名は「無花果むかか)」といいます。

イチジクはクワ科イチジク属の落葉木で、葉は大きな手のひら状で厚く、3~5裂になります。

6月頃になると、葉の付け根に花のうをつけ、これが肥大化して熟すと果実になります。

その果実は不老長寿の果実とも呼ばれていて、果糖、ブドウ糖クエン酸、ショ糖、コハク酸などの栄養分を豊富に含んでいます。

健胃、解毒、はれ消し、腸を清めるなどの効能があり、腸炎、痔、便秘、下痢などの治療に用いられています。

花言葉実りある恋」「子宝に恵まれる」「証明です。

 

 

イチジクとは

イチジクの原産地はアラビア南部と小アジアの二つの説があります。

地中海沿岸地方では、古くから広く栽培されていたとの記録があるそうです。

現在では世界中に分布しており、その品種は100種以上もあります。

日本には、寛永年間(1624年~1645年)に、中国から長崎へ渡って来たのが最初で、明治以後になって新洋種が輸入されて来ました、現在、日本ではその品種は10種以上あるといわれています。

温暖で水辺の水はけの良い土壌を好み、葉は大きく枝ぶりは不規則であらく、枝葉を切るとゴム質、タンパク質などを含む白色の乳液が出ます。

この乳液は回虫の駆除や痔(じ)に効くとされています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161207113606j:plain

 

 

効能と利用法-1

効能1

高血圧症

 

利用法1

水400mlに乾燥葉10gを入れ、2/3量になるまで煎じてその汁を飲用する。(1日3回)

空腹時に服用する。

 

・葉には、血圧降下作用のある成分が含有。

 

効能2

 

利用法2-1

生イチジクを2~3個毎日食べる。

 

・食べ続けると便通がスムーズになります。

 

利用法2-2

水400mlに乾燥果実2~3個を入れ、1/2量になるまで煎じてその汁をこして飲用する。

温かいうちに服用する。

 

利用法2-3

イボや痛みがあるときには、実や葉を取ったときに出る白い汁を患部に塗ります。

 

利用法2-4

水1リットルに乾燥葉10枚を細かく切って詰めた布袋を入れ1/2量になるまで煎じます。

その煎じ汁と布袋を湯船に入れて浴剤にします。

 

・痛むときには、煎じ汁をガーゼに浸して患部を洗う方法や、煎じ汁を倍にうすめて腰湯に用いる方法などがあります。

 

効能3

二日酔い

 

効能3-1

胃がムカつくき不快感があるとき、下痢のとき。

 

利用法3-1

実を1~2個食べる。

 

効能4

水虫

 

利用法4

汁を患部につける

 

・熟す前の若い実を採取し、潰して汁をとる。

 

葉や実から出る白い汁でも効果は同様です。

 

以上が「イチジク」についてのご案内でした。

参考になれば幸いです。

次回も「イチジクの効能」などについてご案内する予定です。

胃・十二指腸~元気になるための食事とは!~痛みがある時など

ご覧いただきありがとうございます。

今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-6」についてのご案内です。

昔は胃潰瘍の人の食事療法はとても厳しかったようで、絶食させるときもあったそうです。

しかし、現在ではカロリーが豊富で消化の良い食品を、また、ビタミン類をたくさん含んでいるものを、体温より低い温度にして食べると良いといわれています。

そして、良質タンパク質が含まれる魚・肉・卵・乳製品・豆などを優先してとりましょう。

 

 

 胃・十二指腸潰瘍の食事-6

f:id:w-yakyuuboy:20161203140808j:plain

 

 

痛みや出血があるときの食事と手術後の食事方針

胃の手術(胃切除、胃腸吻合術)の後日、食後10~30分経ってから、動悸めまい嘔吐吐きけ発汗倦怠感腹部の不快感などが起こる場合があります。

この症状はダンピング症候群といわれ、食物が急に小腸に流れ込む時に起こる症状で、
吻合口が大きい場合に生じます。

また糖質を多く含むものを食べると、その2~3時間後に一時的な高血糖となります。

このことによりインスリンの分泌が刺激されて増えるため、低血糖の状態となり、ダンピング症候群と良く似た症状になることがあります。

特に神経質な人は、このような症状になり易いことが分かっています。

この症状を防止するためには、高タンパク質で水分の少ない食品をゆっくりと食べて、血糖値を急速に上げる穀物や甘いものなどは一度にたくさん食べないことが大切です。

なお、胃切除後の人がとくに気をつけたいことは貧血であり、それも悪性貧血で、これは胃粘膜が無くなるために、ビタミンB12や鉄分、葉酸といったヘモグロビン作成物質の吸収が、きわめて悪くなることが原因です。

この場合は食欲も不振になるので薬剤治療も必要ですが、それらの補助をおこなうためには、肉、魚、卵、豆、野菜(特に葉菜類)、乳、乳製品、いも、果物類の必要量は必ずしっかりとるようにしましょう。

胃切除後の食事は、体の状態によっても違います。

出血や痛みがあるために食べられないときは、絶食から少しずつ軟常食へと戻していきましょう。

なるべく早く普通食に戻した方が回復も早くなります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161203142237j:plain

 

 

以上が「胃・十二指腸潰瘍の食事」の最終回でした。

胃・十二指腸潰瘍の予防や治療に少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

胃・十二指腸~予防や治療には、体を優しくいたわろう!その方法は?

ご覧いただきありがとうございます。

今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-5」についてのご案内です。

胃の中の分解酵素であるペプシンは、タンパク質を分解する働きがあります。

正常な胃液の中にはペプシンと塩酸の両方がありますが、健康な人の胃壁の成分であるタンパク質は、消化分解することはできないようになっています。

ところが様々な原因によって、たとえば胃の血管がつまる動脈硬化や、胃の血管痙攣(けいれん)などにより、胃の一部分の血流が悪くなると、その部分のタンパク質も消化されて、粘膜や筋層まで穴があくことがあります。

この症状が胃潰瘍であり、消化性潰瘍ともいわれます。

またその形がまるいことから円形潰瘍とも呼ばれています。

 

 

胃・十二指腸潰瘍の食事-5

f:id:w-yakyuuboy:20161129185100j:plain

 

 

胃・十二指腸潰瘍を治す食事のポイント

食後の休みは20~30分以上とる

急いでかき込むように食べたり、食べて直ぐに体を動かす、あるいは仕事にとりかかるなどは、胃の働きを悪くします。

食事時間は十分にとり、食後は少なくとも20~30分は休憩をとりましょう。

 

 

よく噛むこと

食物をよく噛むということは、食べたものを小さく砕くと同時に、口の中の唾液とよく混ざり合あって、胃の中での消化作用を助けます。

よく噛むことによって満腹感が生じて、食べ過ぎを防止するうえでも効果があります。

 

 

酒やタバコは抑える

胃潰瘍十二指腸潰瘍の人の中には、酒で仕事のうさ晴をするという人も珍しくありません。

アルコールが胃に入ると胃液の分泌が高まり、胃粘膜を刺激します。

多量に飲むほど胃粘膜の刺激も強くなります。

飲むなら少量を食事の時に飲むようにします。

タバコは潰瘍の治癒を遅らせるばかりか、再発の元とされています。

また、タバコは食欲低下も招くので、やめる努力をしたいものです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161129185156j:plain

 

 

刺激物は控えめにする

胃を刺激するものは酒、タバコの他にもたくさんあります。

コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインの他に、カレー粉、とうがらし、コショウなどがあります。

これらコショウなどの香辛料は胃液の分泌を高めて、胃壁を荒らすもととなるので、とくに空腹時に多量にとることは、避けなくてはなりません。

また、塩辛い漬け物やつくだ煮、干物、和菓子や甘いジュース、酸味の強い柑橘類やその他の果物も、多量に食べることは控えます。

 

 

以上が「胃・十二指腸潰瘍の食事-5」についてでした。

胃・十二指腸潰瘍の予防や治療に少しでも参考になれば幸いです。

次回は「胃・十二指腸潰瘍の食事-6」についてご案内する予定です。

胃・十二指腸~元気になるためのポイント!注意したいこと!

ご覧いただきありがとうございます。

今回は前回に引き続き「胃・十二指腸潰瘍の食事-4」についてのご案内です。

潰瘍のできはじめは自覚症状がなく、自分でもなかなか気付き難いとのことです。

最初は、小さな粘膜層だけの小さな傷にすぎませんが、放っておくと内腔にある物質および細菌などの影響を受けて、徐々に傷は広がり深くなってきます。

この傷を早く治すためにも食事内容が重要とのことですから、その方針に従うことが大切ですね。

 

 

胃・十二指腸潰瘍の食事-4

f:id:w-yakyuuboy:20161128235036j:plain

 

 

胃・十二指腸潰瘍を治す食事のポイント

消化のよい食品と調理法で

消化しやすいということは、胃や腸での消化吸収の作用を受けやすいということです。

潰瘍の人の場合では、少しでも胃や腸の負担を軽減させることが大切です。

そのためには消化のよい食材を選び、調理方法も考える必要があります。

 

 

熱い、冷たいものは避ける

極端に熱いものや冷たいものは、胃や腸への刺激になり悪影響を与えかねません。

熱いみそ汁を飲んだり、冷えた豆腐をかまずに食べるなどは控えます。

熱いものは少し冷ましてから、冷たいものは口の中で温度を少しずつ上げながら、ゆっくりと食べます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161128235151j:plain

 

 

食事時間は規則正しく

人それぞれ生活にリズムがあるように、胃や腸も、そのリズムによって活動しています。

毎日決まった時間に食事をする習慣のある人は、その時間になると、胃は胃液を分泌して、食物の受け入れ態勢をととのえます。

しかしその時間になっても食事をせずに抜いていると、分泌された胃液により胃壁は刺激を受けて、傷はさらに広がります。

一般に健康な人の場合は、胃液で胃粘膜を消化するなどといったことはありませんが、潰瘍の人の場合では、何がしかの原因で胃の防御力が弱まっているため、胃液による自己消化が起こるわけです。

 

 

一日5回食で腹八分目を守る

前回の食物が消化されて、すきっ腹に多くの食物が一度に入ると、それだけでも胃に負担がかかります。

お腹いっぱいになるほど食べることは、健康にとっても良くありません。

胃を空にするのも胃粘膜の自己消化を招く原因となり、良くありません。

胃に負担をかけすぎない、胃を空にしない、そのためには1回の食事量を抑えて腹八分目にします。

また、食事の回数を増やすことです。

胃・十二指腸潰瘍の人には、朝昼晩の3回の食事に加え、10時と15時の一日5回食が理想的です。

 

 

以上が「胃・十二指腸潰瘍の食事-4」についてでした。

胃・十二指腸潰瘍の予防や治療に少しでも参考になれば幸いです。

次回は「胃・十二指腸潰瘍の食事-5」についてご案内する予定です。