健康ナビ

健康になるための情報

歯槽膿漏には!~これらが効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170628095212j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「歯槽膿漏には」のご案内です。

歯槽膿漏は、むし歯とともに、歯を失う要因の一つとされており、成人にとって、むし歯以上にこわいともいわれています。

初期は、痛みがほとんどないため、気がつきにくいようです。

この症状は、歯を支えている歯ぐきに炎症が起こります。

症状が進むと、歯ぐきから出血したり、歯ぐきに血や膿がたまります。

さらにひどくなると歯を支えることが困難になり、歯を抜くということになりかねません。

予防には、「口のなかは清潔に、歯みがきが大切」といわれています。

歯槽膿漏の食事療法としては、ビタミンCをとることに重点がおかれますが、漢方では、血のたまりやすい体質として治療が行なわれます。

また、民間療法では、古い血のオ血(おけつ)を除き、炎症を鎮めることを第一に考えて、治療するとされています。

 

 

古血を除いてくれる

ナス

ナスには、古血を取り除く、痛みを止める、熱を冷ますなど、さまざまな薬効があると注目されています。

昔から、へたの黒焼きは、歯みがき粉として用いられています。

へたの黒焼き歯みがき粉は、歯槽膿漏に効果があります。

皮の黒焼きでも同様の効果があります。

 

歯みがきとマッサージを

ナスの皮、へた、古漬けなどをアルミ箔に包んで黒焼きにします。

皮やへたは、塩を混ぜて焼くといいでしょう。

漢方専門薬局には、黒焼きナスや黒焼き歯みがき粉があります。

黒焼き歯みがきのあとには、粉を指につけて歯ぐきをマッサージすることもお忘れなく。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170628095252j:plain

 

 

歯ぐきがはれて痛いときは

コンブ(昆布)

コンブには、炎症を抑え、はれものを治す作用があり、歯ぐきがはれて痛いときによく効きます。

 

黒焼きにする

歯ぐきがはれて痛がゆいときは、黒焼きにしたコンブの粉をこすりつけます。

 

ナスの黒焼きを混ぜると効果的

歯ぐきがはれて、ひどい痛みを伴う場合には、コンブの黒焼きとナスの黒焼きを混ぜ合わせて使うといっそう効果があります。

 

予防にも治療にもよい

塩には殺菌作用や収れん作用があり、炎症を鎮めてくれます。

これらの作用により、歯ぐきを引き締め、炎症を起こしにくくしてくれるので、歯槽膿漏の予防にもなります。

 

歯ぐきをマッサージする

歯ぐきの色が悪いときは、血行が滞っているからです。

この場合、人さし指に塩をつけて、歯ぐきをマッサージします。

このとき、歯ぐきから出血があれば、口を冷たい水ですすぐと止まります。

その後は、うがいをして塩を飲み込まないようにします。

 

以上が「歯槽膿漏には」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

発熱には!~これを!

f:id:w-yakyuuboy:20170627090822j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「熱をとるにはこれを」のご案内です。

発熱は、からだの異常を知らせる症状です。

しかし、心配な熱かそうでない熱があるようです。

一般に体温が37度を超すと、熱があるといわれますが、健康な人でも、37.0~37.3度の人が、4割ほどいるともいわれています。

発熱があり、のどの痛みや鼻水が出るなど、かぜの症状のときは手当をし、様子をみます。

症状が悪化するようであれば、医師に診てもらい指示に従います。

高熱が出るといわれる病気には、インフルエンザ、急性ウイルス性肝炎、

急性扁桃炎、急性咽頭炎リュウマチ熱、細菌性心内膜炎、腎孟腎炎などがあります。

また、高熱が一週間以上続く病気には、急性白血病、肝膿瘍、肺化膿症などです。

ただし、高齢になると重病であっても、高熱にならないないことも、多いといわれているので、微熱でも注意が必要です。

 

 

熱を下げる

ハッカ

ハッカは、湿った土壌を好むシソ科の多年草です。

主に薬味、薬用として栽培されています。

ハッカの主成分はメントールといい、飴やガムなどによく使われているので、皆さんもご存じでしょう。

漢方でも、薄荷(はっか)という生薬で、芳香健胃薬、解熱、清涼などに使われています。

採集は6~8月で陰干しにして乾燥させますが、生のままでも効果はあります。

 

煎じる、もんではる

水400mlに乾燥葉、茎10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁を一日2回に分けて飲みます。

生の葉を用いる場合は、葉をもんでこめかみにはりつけます。

 

知母と一緒に煎じる

水600mlにハッカの乾燥葉5gと知母5gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁を一日3回に分けて飲みます。

頭痛、発熱によく効きます。

知母(ちも)とは、ユリ科多年草、ハナスゲの根茎を乾燥させたものです。

漢方では生薬として、解熱や消炎に使われています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170627090927j:plain

                                         ハッカ

 

汗が出ていないときの、かぜの熱に

ネギ

ネギは、かぜの特効薬といわれており、熱を下げる作用もあります。

汗が出なくて熱があるときに、試されてはいかがでしょう。

 

みそスープに刻んで

お椀に、みそをスプーン1杯と刻みネギ(白い部分10cmほど)を入れて、熱湯を注ぎ、よくかき混ぜて飲みます。

飲んだあと汗が出てくるので、肌着はこまめに取り替えます。

 

以上が「熱をとるにはこれを」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

せき、痰には!~これが効く!

f:id:w-yakyuuboy:20170626084808j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「せき、痰には」のご案内です。

せきは、気道に入った ホコリ、チリなどが、刺激となって出る、一種の防御的な反射運動で、刺激物を取り除こうとするために起こるものです。

また、せきは、かぜをひいたときも、気道内の細菌やウイルスなどが、混じっている分泌液を、外に排出するために出ます。

痰は、からだに悪い細菌などのかたまりですから、飲み込まないようにしなければなりません。

そういった意味では、痰を排出するせきを止めることはよくないことで考えものですね。

しかし、せきが止まずつらい、夜眠れないなどといった場合や、かぜの治りかけで、痰やせきが続く場合は、次の方法で症状をやわらげましょう。

 

 

せき止めによく効く

ダイコン

せきは無理して止めてはいけないと分かっているものの、せきが長く続くと、のどが痛くて食欲がなくなる、夜眠れないなどはつらいものです。

大根あめは、昔から、せきを鎮める民間療法として用いられており、現在でも人気を保っているといわれています。

ダイコンには肺の熱を取る作用があるといわれており、かぜをひいたときのせきや痰に効果があります。

 

せきを鎮めるダイコンあめ

ダイコンの輪切り(厚さ5mmほど)にしたもの5、6個を容器に入れ、そこにダイコンがかくれるくらいまで、水あめを加えてふたをしておきます。

一晩寝かすと、ダイコンから水分が出ているので、それを飲みます。

一晩待ちきれない場合は、大根の絞り汁コップに半分に、水あめかハチミツをスプーン1杯入れて飲みます。

 

ダイコンの種子を煎じる

水600mlに、乾燥させた種子10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

これを一日3回に分けて飲みます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170626085216j:plain

 

 

ナシ

ナシは、水分を多く含んでおり、のどの渇きを止めてくれ、さらに、肺の熱を冷まし、肺を潤して、せき、痰を止めるなどの効果があり、せきによい果物の王者といわれるほどです。

 

絞り汁で

ナシをすりおろして絞った汁を、コップ1杯飲むか、あるいは、この絞り汁にレンコンの絞り汁、さかずき一杯加えて飲みます。

または、この絞り汁にハチミツ大さじ1杯と、ヒネショウガの絞り汁小さじ1/2杯を入れ、弱火で3分ほど煮て、冷ましてから飲みます。

 

煎じる

水600mlに、ナシ一個(適宜に切ったもの)とコショウの実10粒を入れ、1/2量になるまで煎じます。

これを一日3回に分けて飲みます。

 

ダイコン、ナシを合わせて

ダイコンとナシの蒸しもの

ダイコンのいちょう切り200gとナシの八つ切り1個分を陶器に入れ、砂糖大さじ2杯、コショウ少々を入れ加えて混ぜます。

器ごと30分ほど蒸して、熱いうちに食べます。

 

以上が「せき、痰に効く」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

不眠を治す!~食品とは!

f:id:w-yakyuuboy:20170625083941j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「不眠を治す食品」のご案内です。

昔から、「病は気から」とよくいわれます。

不眠の症状はこの言葉が、ぴったりとあてはまるのではないでしょうか。

不眠を訴える人の多くは、特に原因となるものは見当たらない、と思っているようです。

早く眠ろうという気持ちが、あせりや不安をまねき、かえって眠れなくなるようです。

このようなときには、日頃から食事療法と併せて、適度な運動を取り入れられてはいかがでしょう。

また、寝る前にぬるめのお風呂にゆっくりつかったり、ツボを刺激するのもいいでしょう。

ここでは、不眠が治るとされる食事療法をご紹介します。

 

 

カルシウムの豊富な食品を

小魚、黒砂糖など

カルシウムを多く含む食品には、興奮や緊張を鎮めたり、不安感を消してくれる効果があります。

カルシウムは、ビタミンDやリンと一緒にとると、吸収しやすいといわれており、小魚や黒砂糖は、その両方を豊富に含んでいる食品です。

ふだんから、たっぷり食べるようにしたいですね。

このほかにも、イライラを鎮めてくれるといわれる、クルミやゴマ、カキ、ユリ根などもおすすめです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170625084018j:plain

                                         マイワシ

 

気持ちを落ち着かせる

チーズ、牛乳

睡眠についての研究結果では、眠りを誘う物質は、タンパク質のうま味成分であるアミノ酸から供給される、セロトニンという物質で、この物質は精神面に大きな影響与え、睡眠にも深く関係していることが明らかになっています。

チーズや牛乳には、このタンパク質と、イライラを鎮め、気持ちを落ち着かせる作用のある、カルシウムを豊富に含んでいます。

このことから、なかなか眠れないといった人は、へいぜいからチーズ、牛乳などの乳製品を積極的に食べるとよいのではないでしょうか。

 

牛乳ドリンク

寝る前に、温かい牛乳のドリンクを飲むといいでしょう。

牛乳のドリンクの作り方は、バターと小麦粉をそれぞれ、大さじ3/4ずつ練り合わせたものに、温めた牛乳1カップに、黒砂糖大さじ1/2加えたものを、少しずつ加えのばします。

これを再度火にかけ、沸騰直前に火を止めて、ナツメグとショウガの絞汁を少々加えます。

ナツメグとショウガが、さらに気持ちを落ち着かせてくれます。

 

以上が「不眠を治す食品」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

口のなかを清潔に!~植物を用いる!

f:id:w-yakyuuboy:20170624195007j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「口のなかを清潔にして口臭を消す」のご案内です。

口のなかは常に清潔に保ちたいものです。

歯みがきやうがいなど、口のなかの手入れを怠ると、歯垢や歯石がたまりやすくなり、虫歯や口臭の原因にもなります。

歯垢や歯石は一度たまると、歯みがきだけでは取れにくいといわれています。

歯科で、年一度は取り除いてもらうのも、よいのではないでしょうか。

また、口臭は、口のなかに原因があることが多いといわれています。

うがいをするだけでも効果はあります。

次に手づくりのうがい薬の作り方と使用法、口臭に効く植物をご紹介します。

 

 

手づくりのうがい薬

ナギナタコウジュ(香じゅ)

ナギナタコウジュは、北海道から九州(沖縄除く)まで自生するシソ科の一年草で、日当たりのよい空き地などでよく見かけます。

枝先に淡紫紅色の花をつけ、ナギナタに似ているところから、この名がついたといわれています。

薬用には、秋の花盛りのころ、全草を刈り取って陰干しにします。

香りはハッカやシソなどに似ています。

日干しにすると、この芳香が失われてしまいます。

強い殺菌力があるので、うがい薬に用いると、口のなかのただれを治したり、口臭予防にも効果があります。

ナギナタコウジュは、漢方専門薬局で、香ジュ(こうじゅ)の名で漢方生薬としておかれています。

 

煎じ汁でうがいを

水600mlにナギナタコウジュの茎葉(陰干しにしたもの)20gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁で一日数回うがいをします。

 

口臭を消す

ナンテン

ナンテンは中国大陸が原産といわれ、メギ科の常緑低木です。

秋から冬に白色の種子が2個入った、赤い丸い小さな実をつけます。

薬用には、幹、実、葉、根など全て使われます。

果実は12月ごろ採集し、陰干しにして乾燥させます。

口臭に効果があるのは、生の葉です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170624195124j:plain

 

 

生の葉を煎じて飲む

口臭には、水200mlに生の葉10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

この煎じ汁を飲むと効果があります。

 

以上が「口のなかを清潔にして口臭を消す」でした。

少しでもお役にたてれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

健胃整腸・胸やけ!~これらがよい!

f:id:w-yakyuuboy:20170623113757j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「胃がもたれるときにも」のご案内です。

過酸の場合、症状として胸やけがしてげっぷが多くでるものです。

胃のなかの空気やガスが、逆流して出てくるのがげっぷです。

たまに酸っぱい胃液まで、出てくることがあります。

これは胃液の酸が多い人に起こるので、過酸症状といいます。

げっぷが多くでる人でも、実際には胃液の酸度が低かったり、正常な人もいるようです。

胃の調子のよくない人に、おすすめの方法を次にご紹介します。

 

 

健胃薬の王者

センブリ

センブリは、日本の山野の日当たりのよい場所に自生する、リンドウ科の二年草です。

高さは20cmほどで、9~10月ごろ白い小さな花をつけます。

薬用には、秋に開花している全草を採集して、日干しにし乾燥させます。

センブリは生薬名では当薬といわれ、苦味が強く主に健胃薬として使われています。

「和漢三才図絵」(江戸時代の書物)には、「腹痛と虫下しに用いられる」と書かれています。

センブリに含まれる、スエロシドやスエルチアマリンなどの苦味成分が、蠕動運動を活発にして、胃もたれを解消します。

また、苦味成分は発毛を促すといわれており、発毛促進剤としても利用されています。

 

粉末にするかセンブリ茶

胃もたれには、センブリ粉末0.3gを食前に飲みます。

あるいは、熱湯200mlに、乾燥センブリ1~3gを刻んで入れます。

これを一日3回に分け、冷めたものを食後に飲みます。

センブリは苦みや刺激が強いので、一度に多飲しないようにしましょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170623113827j:plain

 

 

毎日たべるとよい

ヤマノイモ

ヤマノイモは昔から、民間療法として滋養強壮や健胃整腸、せき止めなどに用いられています。

体力に自信のないやせたタイプの人には、ヤマノイモを毎日食べ続けていると、体力がつくといわれています。

下痢をしやすく胃もたれのある人には、特におすすめです。

 

おろしたり煮たりして

毎日、おろしたり煮たりして、ヤマノイモ20gずつ朝、昼、晩に食べると、下痢や胃のもたれが治るとされています。

とろろ汁にすれば毎日簡単にとれます。

 

焼いてたべると胸やけによい

コンブ

昔、コンブを食べる習慣があったのは、日本と中国ぐらいでは、といわれています。

しかし、高血圧症によく効くことが分かると、その他の国でも食材として、よく使われるようになりました。

中国の医学専門書にも、

 

「石のごとくかたくなったものはコンブを用いなければ取り除くことができない」

 

と書かれています。

このように昔から、お腹のしこりやむくみなどを治すときには、よく用いられてきたといわれています。

漢方では”昆布散”や”昆布丸”といわれる漢方薬があります。

”昆布散”は、結核やおできの治療に使われていますが、

”昆布丸”は、腹部のかたまりや胸のつかえを治すための薬です。

 

焼いて食べる

胸やけの症状には、焼いたコンブを一日4~6g食べると治るとされています。

 

以上が「胃がもたれるときにも」でした。

少しでもお役にたてば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

食欲がないときは!~これがよい!

f:id:w-yakyuuboy:20170622154121j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「食欲がないときはこれを」のご案内です。

神経性食欲不振症という病気があります。

この病気は思春期の女性に多いといわれ、食事をあまりとらないために起こります。

原因ははっきりわかっていませんが、思春期に心のバランスがうまくとれないために、ひき起こされる症状とされています。

また、やせたいという強い願望の女性にも多くみられます。

この場合は、食物療法では治りませんので、心理療法により治療されます。

病気でないのに食欲がないといったときには、次の方法を試してみましょう。

 

 

胃がつかえて食がすすまないとき 

ショウガ

ショウガの独特の香りは、食欲をそそります。

また、魚などの生臭さや肉の臭いを消すために、よく用いられているのは、ご存知のとおりです。

ショウガの成分はショウガオールやジンゲロンなどで、優れた殺菌力があり、食欲を増進させてくれます。

生ショウガのスライス2、3片を食べると、胃のつかえ感がなくなります。

ほかに、ダイコンやヤマノイモなども、食欲を増進させてくれます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170622154222j:plain

 

 

古いものほどよい

ミカンの皮

ミカンの皮は、昔から民間薬として、食欲がでないときにも用いられてきました。

漢方では、ミカンの皮を乾燥させたものを橘皮(きつぴ)といっています。

古くなるほど薬効があるといわれ、古いものは陳皮(ちんぴ)といいます。

陳皮は、食べものの滞りを解消し、おなかの調子を整えるほか、体内の余分な水分を排出する作用があります。

このため、健胃、吐きけ、利尿、鎮咳(ちんがい)などの生薬として、よく使用されています。

ここでいうミカンの皮とは、柑橘類のオレンジ、夏ミカン、レモン、ユズなどの皮のことです。

これらの柑橘類の皮は、同じ作用があるといわれています。

 

煎じるか粉末にして

水600mlに陳皮10gを入れ、1/2量になるまで煎じます。

煎じ汁を1日3回に分けて飲みます。

あるいは、陳皮をすり鉢ですった粉末または、おろしがねですりおろしたものを、1日3回(1回1~2g)、食前に飲みます。

 

樹皮の粉末を用いる

ヤマモモの樹皮

ヤマモモは、ヤマモモ科の常緑高木です。

漢名は楊梅(ようばい)といって、果実は食用に、樹皮は薬用や染料として用いられていました。

薬用にする場合は、9月ごろ樹皮をはぎ取って乾燥させます。

 

粉末にする

樹皮をすり鉢ですった粉末または、おろしがねで細かくすりおろしたものを、1日3回(1回1~2g)飲みます。

 

以上が「食欲がないときはこれを」でした。

少しでもお役にたてば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。