健康ナビ

健康になるための情報

腰痛とは?観察のポイントはこれ!

f:id:w-yakyuuboy:20170123210510j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回は「腰痛」のご案内です。

人間は、二本足で立ち歩くだけでなく、重たい荷物などを持つことも少なくありません。

そこでどうしても腰に負担がかかり、腰痛を訴える人は多いようです。

それほど多い症状といえます。

痛み方もいろいろあるようです。

安静にしていても治らないようなときには、医師に相談し手当てしてもらいましょう。

 

 

腰痛

整形外科的腰痛と内科的腰痛

体を二本の足で支えているということは、仙椎と腰椎に大きな負担が、常にかかっているということです。

この負担がもとで、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、脊椎分離すべり症などといった症状が起こりやすくなります。

このような関節や骨そのもに不具合が生じて起こる腰痛を、整形外科的な腰痛といっています。

腰痛のほとんどは、この整形外科的なものですが、このほか、肝臓病、膵臓病、胃腸病やガンなど内科的な病気によっても腰痛は起こります。

インフルエンザや風邪の場合にも、腰痛が起こるということはよくあります。

一般に腰痛が起きたときには、まず整形外科の診察を受けて、そこで原因が見当たらないときは、内科や産婦人科などへまわります。

いずれの場合も、腰痛は一症状であって、腰痛の原因となる病気はさまざまです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170123210553j:plain

 

 

観察のポイント

1.痛み始めたのはいつからですか

 

2.痛むようになった、こころあたりはありますか

重いものを持ち上げようとした、ものを持ち上げるとき転んだ、腰を打った、腰を曲げたりひねったりした、急に体位を変えようとしたなど、そのほか要因として、精神的要因か物理的要因か、こころあたりはあるかなど。

 

3.どこにどのような痛みがありますか

背中か下腹部か、下肢、臀部(でんぶ)など、腰のほかにも、しびれ、痛みはあるかどうか、あればどのような痛みか。

 

以上が「腰痛」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

腹痛(急性腸炎)の漢方療法!その処方とは?

f:id:w-yakyuuboy:20170122201533j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回も前回に引き続き「腹痛-9(急性腸炎)」についてです。

腹痛に効くさまざまな民間療法をご案内しています。

腹痛の原因の一つとして急性腸炎があります。

急激な腹痛、吐きけ、嘔吐また下痢を伴う病気が急性腸炎です。

この症状は、食中毒で起きることもありますが、この症状の多くは病気とはいえないような、一時的に胃腸が不調のときにも起こります。

暴飲暴食をすると、下痢や吐き下し(嘔吐下痢症)になる場合があります。

この場合は、半日ぐらい絶食して、安静にすれば回復します。

また寝冷えが原因で、下痢になることもあります。

この場合には、お腹や脚を温かくして、油っこい高脂肪のものや生野菜、発酵しやすい豆類などは控え、温かいうどんなどや消化のよいものを食べていると、1日くらいで回復します。

精神性急性腸炎である、精神的なストレスが原因で、下痢を起こす場合もあります。

この場合は、精神的ストレスの原因を、取り除くことが先決です。

急性腸炎で下痢を起こす場合には、脱水症状に注意が必要です。

しっかり水分補給をしましょう。

 

 

腹痛-9

腹痛の漢方療法

葛根湯(かっこんとう)

急性腸炎の初期症状として、背中や後ろ首などがこわばり、悪寒、発熱があり、頻繁に下痢をするが、快通しないで残便感があり、絶えず便意をもよおす人に使用します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170122201615j:plain

 

 

四逆湯(しぎゃくとう)

急性の腸炎で、下腹部が痛み、熱は高いが手足が冷えて、消化不良などにより下痢や嘔吐が激しく、急激に大量の水分が失われ尿量も減少しているなど、体力に衰えが見られる人に使用します。

 

桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)

軽度の大腸炎様症状(だいちょうえんようしょうじょう)で、腹が張り腹痛があって、下痢ぎみで頻繁に便意をもよおすときに使用します。

 

真武湯(しんぶとう)

慢性腸炎で、腹にも脈にも力がなく、一日に数回の下痢があって、四肢(両手、両足)の冷えや全身の倦怠感のある人に使用します。

 

五苓散(ごれいさん)

急性腸炎の初期で、腹痛がして、嘔吐と水様性の下痢があり、のどの渇きはあるが尿量は少なく、みぞおちに振水音があるものに使用します。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

これは生理痛の代表的な処方です。

虚証タイプの女性で、疲れやすく、冷え症で、貧血ぎみで、下腹部が痛む人に用います。

 

以上が「腹痛-9(急性腸炎)」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

下腹部が痛むその処方とは?漢方療法!

f:id:w-yakyuuboy:20170121200738j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回も前回に引き続き「腹痛-8 (下腹部が痛む)」のご案内です。

腹痛のときに注意したい食事の五原則とは。

①胃腸を冷やす生野菜や果物などや、発酵しやすい豆類などは控えましょう。

②できるだけ良質のたんぱく質をとるようにしましょう。

たとえば、ヒレ肉や白身魚など。

③油っこい高脂肪のものは避け、鶏のささ身など低脂肪のものを食べましょう。

④牛乳は下痢を起こしやすいのでなるべく控えましょう。
飲むときには必ず温めてから飲みましょう。

⑤回復してきたら、消化のよいものから徐々に普通食に戻しましょう。

 

 

腹痛-8

腹痛の漢方療法

●下腹部が痛む

下腹部が痛むとき、腸炎虫垂炎、尿路結石症、膀胱炎、婦人病などが考えられます。

 

猪苓湯(ちょれいとう)

この処方は膀胱炎など秘尿器の疾病に用いられます。

尿路結石の場合は、排尿を目的としており、疝痛(せんつう)発作のないときに使用します。

膀胱炎の場合には、炎症が強く痛みが激しいときに用います。

この場合、口渇、血尿、尿利減少などが目安です。

この猪苓湯は応用範囲も広く、体質にあまりこだわらないのが特徴です。

下腹部の圧痛と抵抗がある場合、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)を使用します。

また便秘ぎみのときには、大黄牡丹皮湯か桃核承気湯を用います。

後者の桃核承気湯は、情緒不安定を伴うときに使用します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170121200915j:plain

 

 

八味丸(はちみがん)

尿路結石に伴う、腹や背中の倦怠感を訴える人、腰痛、下腹部痛のある人または排尿後の不快感や全身倦怠感、慢性の膀胱炎で下腹部痛、腰痛のある人に使用します。

 

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

急性の激しい腹痛によく効きます。

腹直筋が著しく張っていることが目安です。

 

大建中湯(だいけんちゅうとう)

腹部にガスがたまり、下腹部が冷えて痛むときに使用します。

痛みが下腹部から上腹部へと移行し、吐き気を伴うときにも有効です。

 

以上が「腹痛-8 (下腹部が痛む)」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

腹痛に効く漢方療法!その処方とは?

f:id:w-yakyuuboy:20170120183344j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回も前回に引き続き「腹痛-7」のご案内です。

腹痛に効く民間療法をご案内しています。

今回はニンニクと黒砂糖です。

すりつぶしたニンニクと黒砂糖を鍋に入れ、水を加えてドロドロになるまで弱火で煮詰めます。

これを少量ずつオブラートに包み、食後に内服する(一日3回)と、慢性の胃腸病からくる、頑固な腹痛に効果があります。

 

 

腹痛-7

腹痛の漢方療法

●上腹部が痛む

上腹部が痛む場合、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、肝炎、胆のう炎、胆石症、尿路結石などが考えられます。

前々回に記載しました「腹痛-5 みぞおちが痛む」の処方法を用いますが、そのほかに次のものも使用します。

 

小柴胡湯(しょうさいことう)

軽症ではあるが、長い経過をたどり、鈍痛があり、脇腹や胸が詰まって苦しく、口の中が粘っこく、食欲不振という人に用います。

 

四逆散(しぎやくさん)

体力が普通以上の人で、いらいらや不眠、抑うつ感などの精神神経症状があり、腹直筋がかたく張って、たびたび強い胃痛が起こる場合に使用します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170120183455j:plain

 

 

甘草湯(かんぞうとう)

鎮痛剤も効かないほどの胃ケイレンをピタリと止めることがあります。

このような急に起きる激しい痛みのときに使用します。

嘔吐や吐きけを催し、食事がのどを通らないというときには、甘草末を使用します。

 

黄連湯(おうれんとう)

食欲不振、吐きけ、嘔吐があり、激しく胃が痛み、上腹部を圧迫すると抵抗と痛みがあり、便通が定まっていない人に用いてもよいです。

 

茵蔯蒿湯・茵蔯五苓散(いんちんこうとう・いんちんごれいさん)

急性肝炎の場合で、発熱して食欲がなく、右上腹部が張るような痛みがあり、嘔気(おうき)、口渇感、便秘のある場合に使用します。

体力は普通か、やや虚弱の人で、無性にのどが渇き、水を多く飲むわりには、排尿が少ない人には、茵蔯五苓散を使用します。

 

以上が「腹痛-7」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

腹痛の漢方療法!古くから伝わる処方!

f:id:w-yakyuuboy:20170119183127j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回も前回に引き続き「腹痛-6」のご案内です。

腹痛に効く薬草と民間療法をご案内していますが、梅酢も効果があることはよく知られています。

一日に2~3回、梅酢をそのまま大さじ2~3杯飲みます。

または、ぬるま湯や水で薄めて飲んでもよいですし、砂糖やハチミツを少々加えれば飲みやすくなります。

特に空腹時に飲むと、胃腸病からくる腹痛によく効き、下痢止めにも効果があります。

 

 

腹痛-6

腹痛の漢方療法

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

体力はさほど衰えていない人で、腹壁は弾力があり厚く、腹直筋の緊張が認められ、胸脇苦満の腹痛の場合に使用します。

強く痛むときには、牡蠣(ぼれい)と小茴香(しょうういきょう)を加えて処方します。

 

小建中湯(しょうけんちゅうとう)

虚弱な体質の人で、疲れやすく、血色が悪く、みぞおちが強く痛み、腹直筋は緊張しているが、弾力が不十分という場合に使用します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170119183249j:plain

 

 

堅中湯(けんちゅうとう)

胃潰瘍や慢性の胃炎に用います。

みぞおちの痛みや振水音があり、食後に吐きけを催したり、嘔吐のある人に効きます。

一般にはこれに、牡蠣(ぼれい)と呉茱萸(ごしゅゆ)を加えます。

 

旋覆花代赭石湯(せんぷくかたいしゃせきとう)

胃の痛みは軽いが、みぞおちを押すと強く痛み、かたく張ってつかえ、頻繁にゲップが出て、食欲のない人に使用します。

 

三黄瀉心湯・黄連解毒湯(さんおうしゃしんとう・おうれんげどくとう)

体力があるタイプの人で、のぼせぎみで、胃から出血し、不眠や精神不安を訴え、みぞおちが張って、不快な場合に使用します。

胃は痛むが、それほど強い痛みではない場合で、便秘がある人には三黄瀉心湯を、便秘でない場合には黄連解毒湯を使用します。

 

大柴胡湯(だいさいことう)

体格ががっしりしたタイプの人で、胃が重く、便秘して、胸脇苦満(胸苦しい状態)があり、背や肩が張り、舌が乾燥して黄色または褐色のこけが認められる場合に用います。

 

以上が「腹痛-6」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

腹痛(みぞおち)の漢方療法!その処方とは?

f:id:w-yakyuuboy:20170118162928j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回も前回に引き続き「腹痛-5」のご案内です。

腹痛は日頃たびたび起こります。

軽度なものから緊急を要する重症のものまであり、治療法もさまざまです。

ここではみぞおちが痛むときの漢方処方をご紹介します。

 

 

腹痛-5

腹痛の漢方療法

●みぞおちが痛む

胃・十二指腸潰瘍、胃炎などの場合、みぞおちの辺りが痛むことが多くあります。

 

生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)

半夏瀉心湯を用いる場合の症状とほぼ同じで、においの強いゲップが出るときに使用します。

 

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

体力、体質は普通の人で、痛みは軽く、みぞおちがつかえて、悪心や嘔吐があり、抵抗感があるときに使用します。

また、腹がごろごろ鳴る(腹中雷鳴)などが目安になります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170118163038j:plain

 

 

安中散(あんちゅうさん)

体力、体質が比較的虚弱な人で、冷え症で、血色がよくなく、みぞおちが痛く、腹に力がなく、胸やけし、へその辺りに動悸があるものや、腹部をゆすると、振水音が認められる場合などに使用します。

 

人参湯(にんじんとう)

通常から胃弱の人で、冷え症で、血色も悪く、疲れやすく、生気に欠け、食欲不振で、生つばが溜まり、体が冷えると排尿が多く、頻繁にトイレに行くというときに使用します。

腹部は病弱で、腹壁がかたくなる場合と、振水音がある場合とがあります。

 

平胃散(へいいさん)

体力は普通の人で、慢性胃炎などで、みぞおちの辺りがときどき痛んだり、張って苦しかったり、食欲不振などといった場合に使用します。

 

六君子湯(りつくんしとう)

胃腸が虚弱の人で、疲れやすくて、みずおちがつかえて、食欲不振で、手足が冷えるという人に効きます。

腹部が軟弱かつ、心下振水音のあるときが目安となります。

 

以上が「腹痛-5 みぞおちが痛む」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

腹痛の手当てと注意点!

f:id:w-yakyuuboy:20170117183058j:plain

 

ご覧いただきありがとうございます。

今回も前回に引き続き「腹痛-4」のご案内です。

前回まで腹痛に有効な薬草をご紹介しましたが、今回は薬草のほかにも梅肉エキスがあります。

この梅肉エキスは、下痢の民間薬として高評を得ています。

豆粒大のもの2個ずつ、一日に5~6回服用します。

 

 

腹痛-4

腹痛の手当て

5.激痛で吐きけ、嘔吐を伴うときは

胃炎などにより嘔吐するときには、嘔吐すればかなり楽になることがあるので、指を口の中に入れてとりあえず、胃の中のものを吐き出してみるのもよいでしょう。

みぞおちの辺りが痛むときは、虫垂炎も考えられるので、安静にして右下腹部を冷やし、医師の診察を受けましょう。

勝手な判断をして、下剤などは用いないことです。

 

6.胃が痛むときには

胃と同じ高さで、背骨の左右のところを手のひらや指で比較的強く圧迫すると、痛みが和らぐ場合があります。

 

f:id:w-yakyuuboy:20170117183233j:plain

 

 

7.便秘による腹痛には下腹部のマッサージを

腹痛になると、ついつい揉んだりさすったりとしがちですが、かえって害になることが少なくありません。

やらないほうが無難です。

もし、手を当てる場合には、手のひら全体を使って、軽く押さえるだけにとどめておきましょう。

ただし、便秘による腹痛の場合には、腸に従って、下腹部をマッサージし便通を促します。

 

8.激痛で下痢を伴うときは

まず第一に安静にします。

用便の後は、便に血や粘液のようなものが、混じってないかどうかを確認し、その状態を医師に知らせます。

 

9.食事の注意

痛みがなくなったあとは、油っこいものや消化の悪いものは避け、消化のよいものを少量ずつとるようにしましょう。

 

10.入浴の注意

熱、嘔吐、下痢を伴う腹痛の場合は控えますが、便秘による腹痛なら、かえって入浴したほうが効果的です。

 

以上が「腹痛-4」についてでした。

少しでも参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。