健康ナビ

健康になるための情報

疲労解消!~職場・家庭でできる簡単方法

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

現代社会において職場でのパソコンなどによる、デスク作業の機会が増加しているのではないでしょうか。

 

そのために椅子に座っている時間も長くなり、体を動かす機会が減ったのではないかと思います。

 

パソコン作業などにより長時間座っている時間も増え、長時間同じ姿勢でいると、「肩こり」や「腰の疲れ」の原因になります。

 

これらの症状の経験は誰にでもある事だと思います。

 

この「肩こり」や「腰の疲れ」を解消する手軽で簡単な方法がありますのでご紹介します。

 

 

疲労の原因と解消法

f:id:w-yakyuuboy:20160927195119j:plain

 

 

日常の生活をする中で、長時間同じ姿勢を保ちながら仕事をしていると、肩こり腰痛などが起こって来ます。


また、周囲に対する気疲れなども肩こり頭が重くなる一つの原因といえるでしょう。

 

体の筋肉がポンプの働きをするように、体が緊張すると筋肉中の血液が外に出ます。

 

筋肉が緩むと逆に外から血液が入り込みます。

 

血液を介して筋肉に酸素や栄養素が供給され、老廃物や炭酸ガスを外に排出します。

 

しかし、同じ姿勢を保ち続けていると、筋肉内に血液がたまり、その部分が「こり」の状態になります。

 

その様な状態では筋肉の代謝が悪くなり、筋力の低下を伴い痛みが出てきます。

 

また中高年になると変形性脊椎症が起こり、背筋の痛み腰痛の原因となります。

 

脊椎の働きは体を曲げ伸ばしする器官であると同時に姿勢を保つ役割もあります。

 

また腰には、頭や上半身の重さを支えると共に歩いたり走ったりすると、地面からの反発力もかかってきます。

 

つまり腰は上半身の重さと地面からの反発力との間に挟まれた状態になります。

 

そうした大変なストレスが腰にかかった結果、腰にはどうしても疲れがたまり年齢と共にそれらの症状が現れて来るのです。


疲れだるさを解消し予防するためにも、職場や家庭でもできる簡単なストレッチをしましょう。


休憩時間などの空き時間を利用してこまめに行うと良いでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160927195551j:plain

 

 

血液の循環を良くするストレッチ

①足の屈伸

②腰を押し出す

③脱力ジャンプ

④片足ずつかかとを上げ下げする

⑤前に屈む

⑥肩・腰を伸ばす

⑦後ろに反る

 

f:id:w-yakyuuboy:20160927195325p:plain

 


以上が職場や家庭でできる簡単疲労解消法でした。

 

肩こり」や「腰の疲れ」などでお困りの方は、ぜひ試してみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

疲れ解消!~ストレッチと疲れにくい正しい歩き方/通勤時間を利用して

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

今回も前回に引き続いて、通勤時間を利用して出来る疲れの解消法をより詳しく、また、疲れない歩き方をご案内します。

 

サラリーマンや電車を利用されている方は、通勤時間を有効活用しましょう。

 

有効活用の一つとして、吊り革があれば簡単にできます。

 

また、日常の通勤やウォーキング、散歩など歩くことも多いのではないでしょうか。

 

歩き方を改善する事により歩いても疲れを感じない、また、疲れを軽減できるのであれば、ぜひやってみたいと思いませんか?

 

疲れない歩き方は手軽にできますのでぜひ、実践してみてくださいね。

 

 

通勤時間を利用して疲れを解消

f:id:w-yakyuuboy:20160926153643j:plain

 

 

●電車内のに片手を掛け、その肘を十分に曲げ伸ばししながら、腕で支えた側の足に体重を掛けて行きます。

それを左右交互に行います。

一方に体重を掛ける事で、ももの外側の筋肉の緊張がとれ、足の疲れだるさがとれます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154203p:plain

 

 

●吊り革やで体重を支えながら、自分の体重を利用し、交互にゆっくりと伸ばします。

筋肉の緊張がほぐれ疲れだるさがとれます。

角度や力を加減し、自分が一番気持ちの良くなるような方法でやるのが良いです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154302p:plain

 

 

吊り革に掴まったまま、腰をできるだけ伸ばし、体をゆっくりと後ろに反らせます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154342p:plain

 

 

●吊り革や柱を手で掴み、足のつま先を立て足首を回します。

右回りと左回りにそれぞれ10~20回ずつ、両足とも行います。

これで一日の疲れ方の度合いがかなり違うはずです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154359p:plain

 

 

●車内が空いていて座れる時は、足を組み、片手で足首を掴み大きく回します。

右回りと左回りにそれぞれ10~20回ずつ、両足とも行います。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154433p:plain

 

 

●できるだけ吊り革などに掴まらず、2本の足だけで体重移動を行い、電車の揺れに耐えるようにします。

平衡感覚を養う事で、筋肉疲労老化を予防するのに効果的です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154506p:plain

 

 

疲れない正しい歩き方

正しい歩き方のポイント

①常に胸を張り、腰を伸ばし、真っ直ぐ前を向き歩きます。

 

②つま先がいつも前を向くように歩きます。

 

③後脚の膝を十分に伸ばし、後脚の「蹴り」を十分に行います。  

 

④横振れしないように、また両足の内線が一直線上になるよう一直線上を歩きます。

 

⑤大きな歩幅でリズム良く、腰を振るのではなく腰の関節から動かすように歩きます。

 

⑥足の動きに合わせ、手も大きくリズム良く振ります。

 

⑦履き良い靴を選びます。特に女性の場合は、ハイヒールは疲れますし、足にも良くありません

かかとの高さは2~4cmが適当です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160926154724j:plain

 

 

階段の上り下り

●上る時は体の重心を前に移します。

●下りる時は重心を後ろに保ちます。

●正しい姿勢を崩さず、つま先立たず、一歩一歩踏み締めて昇降します。

 

 

以上が、通勤時間を利用して疲れを解消する方法と疲れない正しい歩き方でした。

 

吊り革と同じような物があれば電車以外の場所でもできるのではないでしょうか。

歩き方や階段の上り下りは手軽にできるので、ぜひ実践してみてくださいね。

疲れ解消!通勤時間を利用して~時間を有効活用

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

今回も、体の疲れを解消する方法をご案内します。

 

いつも思うことは、日々過ごす中で、無駄な時間を省き時間を有効活用するということです。

 

そんな時に使える良い方法があります。

 

サラリーマンなど電車通勤の方は、多くいらっしゃると思います。

 

その電車通勤の時間を何もしないで無駄に過ごすよりも、その時間を有効に使い、体の疲れをとりスッキリとする事ができれば良いとは思いませんか?

 

今回は大まかにご案内しますので、こんな方法もあるのかと参考にしていただければ幸いです。

 

 

日々の通勤時間を利用し、疲れを克服し抵抗力をつける 

f:id:w-yakyuuboy:20160925164153j:plain

 

 

デスクワークの多い方は体を動かす機会が少なくなり、背筋や腰が疲れ易なります。

 

また、足腰の筋力が弱くなったり、心肺機能も低下してしまいます。

 

その結果スタミナ(全身持久力)が衰えて体の抵抗力も落ちて来ます。

 

そこで、日々の通勤時間を利用し、疲れをとり抵抗力をつけましょう。

 

電車内の吊り革を使用すると簡単にできますよ。

 

私達は仕事で体の同じ部位のみを使用したり、同じ姿勢のまま仕事をしなければならない時があります。

 

それらの疲れをとるには、例えば前屈の姿勢をする事の多い方はできる限り後屈姿勢を心掛け、右手を使用する事が多い方は積極的に左手を使用し、立ち仕事の多い方は肩や手の筋肉を伸ばすストレッチング)と良いです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160925164423p:plain

 

 

また、電車内で体重移動させて背筋腹筋を鍛え、腰の疲れをなくすようにします。

 

これらはどれも、電車の吊り革を使用すればできます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160925165500j:plain

 

 

また、電車内で新聞や本を呼んでいる方がおられますが、これはとても目を疲れさせます。

 

疲れをとるにはむしろ車内では目をつぶり、ウォークマン等で音楽などを聞く方が良いでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160925164515p:plain

 

 

その他、疲れない歩き方もあります。

 

その歩き方とは、できる限り早足で腕を大きく振るようにしましょう。

 

アタッシュケースなどを持っている時、ときどき左右の手に持ち替え腕をリズム良く屈伸させながら拍子をとり歩くようにします。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

以上が日々の通勤時間を利用して疲れを解消する方法でした。

次回は、より詳しい方法をご案内します。

ぜひ、ご覧ください。

目覚めをスッキリさせる簡単方法~朝の時間がないあなたに

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

みなさんの中で朝、目覚め時に体がだるい頭が重い目がショボショボするといった症状でお困りの方はいらっしゃいますか?

 

そんな症状をなんとかしたいけど、方法が分からない、何か対策をしたいけど時間がないという方に、起床時に布団の中で横になったまま簡単にできて、朝の目覚めをスッキリとさせる効果抜群の方法があります。

 

実践後は、すごく気持ちが良くスッキリしました。

 

その方法を次にご案内します。


みなさんも、ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

顔と頭を刺激し爽やかな朝を

f:id:w-yakyuuboy:20160924115531j:plain

 

 

朝、目覚めの時に体がだるくやる気や元気が出て来ない、また、スッキリ感がない頭が重い目がショボショボする。

 

これらの症状は、サラリーマンの多く方が抱えた事がある症状ではないでしょうか?

 

サラリーマンに限らず主婦の方なども、そういった症状でお悩みの方がおられるかも知れません。

 

この様な朝からの不調が一日中続いては、出社した後の仕事の能率は上がらないばかりか仕事が苦痛になるのではないでしょうか?

 

この方法は簡単にできます。

 

場所をとらず狭い場所でもできますし、布団の中でも横になったままできますので行ってみてください。

 

方法

①目の上の縁に両手の親指を当てて、少し力を入れ目の縁に沿って、ゆっくり内側から外側に押します。ポイントは眼球を圧迫しない様に押す事です。

次に、親指を除く4本の指で、目の下の縁を目の縁に沿って、ゆっくりと内側から外側に押します。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160924115755j:plain

 

 

②こめかみを、両手の親指でこねる様に強く押します。

少し痛みを感じるかも知れませんが、我慢して指圧を加えて行くうちに、頭が重いスッキリしないという症状が少しずつ和らいで行きます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160924115914j:plain

 

 

百会(ひゃくえ)というツボが頭のてっぺんにありますが、それを両手の親指を除いた4本の指を使ってしっかり押します。

この百会というツボには体中のすべての経脈(漢方でいうエネルギーの循環系)が合流しており、体全体を活性化するツボとされています。特に高血圧頭が重い頭痛の症状に効果的です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160924120144j:plain

 


以上が目覚めをスッキリさせる方法でした。

 

とても簡単にでき、効果的なので、ぜひ実践してみてくださいね。

次回からもどんどん疲れを解消する方法をご案内しますよ。

ぜひ、ご覧くださいね。

目覚めスッキリ!朝からイキイキ!その方法は?

今回もご覧いただきありがとうございます。


初回の【「疲れた」「だるい」は体の重要な警告~体が何を現しているの?】

2回目の【体の「疲れ」「だるい」を解消~その方法は?一日の良いスタートを!】に続いて、今回は3回目となります。

 

今回は朝、目が覚めて体がスッキリする、朝シャワーの方法をご案内します。

 

朝の目覚めをスッキリさせたい!これは皆さん誰もの願いですね。

 

起床時に目覚めがスッキリしない時は、なぜか今日一日が憂鬱になります。

 

今日一日を快適なスタートを切るために、目覚めをスッキリさせましょう。

 

目覚めをスッキリさせるにはこんな方法もありますよ! 

 

 

朝シャワー

f:id:w-yakyuuboy:20160923142416j:plain

 

 

朝は体がまだ硬いですね。体の筋肉や神経に刺激を与える為に、水温は約42度が適温で丁度良いです。

 

最初は手足の先から、徐々に体の中心に向けてシャワーをします。

 

朝、濡らした髪を乾かすのが面倒な方は、頭のシャワーは省いても良いでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160923142637j:plain

 

 

朝シャワーの方法(まんが①~⑧参照)

①足首にシャワー

足首を曲げたり、伸ばしたりまた左右に足首を回しながら、多めにシャワーをする。それを左右の足を交互に行う。

 

②下半身にシャワー

足先から始め、膝、お腹と移動しシャワーをする。多めに時間をかけて、下半身全体にかかるようにシャワーをする。

 

③大腿にシャワー

リズム良く大腿全体にかかるようにシャワーする。シャワーを反対の手に持ち替えて左右交互にシャワーをする。

 

④腰からお腹にかけシャワー

お尻から脚の背部全体にかかるようにシャワーをする。シャワーを反対の手に持ち替えて、右回りと左回りを交互にシャワーをする。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160923142531p:plain

 

 

⑤腰にシャワー

背筋を伸ばし、腰から屈伸しながら、リズム良く腰からお尻へとシャワーをする。

 

⑥体の側面から背中にかけシャワー

手先から脇の下へと、リズム良くシャワーをする。反対側も同じ様にシャワーを行う。

 

⑦手先から肩にかけシャワー

肩には特に多くシャワーをする。反対側にも同じように肩を回しながらシャワーをする。

 

⑧顔面から頭、首筋にかけシャワー

顔全体に優しくシャワーをする。首の後ろ側にシャワーをし、上下と左右にも
シャワーをする。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160923142928j:plain

 

 

以上が朝の目覚めをスッキリさせる「朝シャワー」の方法でした。

 

朝シャワーを実践して、ぜひ目覚めをスッキリさせましょう!

体の疲れを取りスッキリさせる他の方法がありますので、次回も引き続きご案内します。

ぜひ、ご覧ください。

体の「疲れ」「だるい」を解消~その方法は?一日の良いスタートを!

今回もご覧いただきありがとうございます。

 

今回は前回の【「疲れた」「だるい」は体の重要な警告~体が何を現しているの?】
の続きで「疲れだるさ」の解消方法をお伝えします。

 

みなさんは朝、目覚めの時、気持ち良く一日のスタートを切れる気分になっていますか?

 

体が重いなどの疲労感があると、一日のスタートとしてはきついですよね?

 

そのきつい思いを解消し、1日を気持ち良く過ごしていく為には、朝のスタートが大切なのではないでしょうか。

 

良く睡眠をとればある程度の疲れは取れるでしょう、しかし良く睡眠をとったにも関わらず、朝の起床時にまだ体にだるさを感じスッキリしない時の解決方法の一つとしてストレッチを行う方法があります。

 

今回は「体のだるさを解消させる方法」をご案内します。

 

みなさんも、ぜひ実践してその1日を気持ち良くスタートさせましょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160922221206j:plain

 

 

朝の起床時に目覚めがスッキリとし体も軽く感じる時は、心身ともに疲れがなく調子の良い状態といえます。

 

この様な調子の良い状態で、その日をスタートする為には日々、体の管理や健康に対する心掛けが必要です。

 

体の機能をコントロールする自律神経は、交感神経および副交感神経からなっています。

 

その副交感神経は脈拍数を落ち着かせ、血管を拡張させて血圧を降下させる働きをしています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160922221558j:plain

 

 

人体は、朝、目が覚めると副交感神経の作用から徐々に交感神経の作用に変化して行き、体の機能が活発になってきます。

 

体の機能が活発になると心拍数が増加し、血圧が高くなり日中の活動に対応できる状態になって来ます。

 

したがって、朝の起床時に今日一日の活気を起こさせるには、交感神経の動作を優位にさせる様にすれば良いのです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160922221320j:plain

 

 

交感神経の働きを優位にさせるには

1.ベッドや畳などの上でストレッチングする

ストレッチングは反動をつけずにじわじわと徐々に筋肉を伸ばしてください。

それを10秒程続けます。

そして、ストレッチング中はゆっくり呼吸し、息は止めずに行います。

息を吐きながら、ストレッチを十分に行います。

 

ストレッチングのやり方(下のまんが①~⑦を参照)

 

①仰向けに横になり、脚と腕を伸ばして背伸びする。(10秒)

②脚を曲げて床に手を着けお尻を上に上げる様にする。(10秒)

③あぐらをかいて座り、手を後ろに着いて胸を反らす。(10秒)

④あぐらをかいて座り両腕を前に出して床に着け、背中を丸くする。(10秒)

⑤タオルを片足に引っ掛け反対側の片腕を伸ばす。反対側も行う。(10秒)

⑥膝を立て、その間に顔を入れるよう背中を丸める。(10秒)

⑦右膝を立て、左膝を着いて座る。

右膝の上に上体を乗せて押さえ込む(10~15秒)反対側も行う。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160922221400p:plain

 

 

以上が起床時のだるさを解消するストレッチング方法のご案内でした。

 

一日の良いスタートを切るための一つの方法です。

ぜひ、実践して気持ちの良い一日を過ごしてください。

次回も引き続き、一日のスタート時に体をスッキリとさせる方法をご案内します。

ご覧になっていただけると嬉しいです。

「疲れた」「だるい」は体の重要な警告~体が何を現しているの?

あなたは疲れていませんか?

 

最近、聞く「体がだるい」「疲れた」という言葉をよく耳にします。

 

その倦怠感疲労感は重大な病気の前兆かも知れません。

 

その状態を放っておくと危険ですよ」と体が訴えているのです。

 

その日の疲れは、翌日に残さずその日の内にとる事が日々健康に過ごす秘訣です。

 

その為には、倦怠感疲労感をその日の内に解消するようにしましょう。

 

まずは、なぜ疲れは起こるのか、人間の体は良く出来ていて「だるい」「疲れた」は人間の体の重要な部分の注意信号であり、体が何を現しているのかという事を次にお伝えします。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160921200332j:plain

 

 

だるい」「疲れた」は体に気をつけてのサイン

自然には、季節の移り変わりや一日の朝昼夜の変化があります。

 

その変化に対して、人間の体にも自然にあった一定のリズムを保ちながら生活しています。

 

人間の体は自然と互いに調和のとれた状態を保持しています。

 

そして、周りの環境の変化に対して受ける刺激の影響を最小限に阻止し、常に安定した状態を維持しています。

 

この様な大切な体のリズムを調整してまとめているのが、自立神経系ホルモン分泌系です。

 

疲れた体は休息を求めており、休息すれば回復に向かいます。

 

この様な繰り返しが自然に対する良いサイクルといえるでしょう。

 

体がだるい疲れたなどの倦怠感疲労感は人間にとって重要な体の警告です。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160921200500j:plain

 

 

現代人は産業の発達で生活が便利になり、夜の生活時間が長くなり、リズムに反して生活する事が多くあります。

 

また、機械化による人間の労力が減少する事により労働も少なくなりましたが、それによって現代社会の人間関係など複雑な環境で、私たちの神経疲労ストレスも増加しています。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160921200547j:plain

 

 

そして主婦では、家庭の問題子供の教育問題などの気遣いが数多くあります。

 

この様な心理的不満や感情の変化により、疲れ怠さを感じて来るのです。

 

中年のサラリーマンや主婦は疲れと背中合わせの状態に置かれているといって良いでしょう。

 

そういった環境で絶えず緊張しておかなければならないので、現代人にとって気苦労も多く体も疲れるのでしょう。

 

f:id:w-yakyuuboy:20160921200709j:plain

 


最後までご覧いただきありがとうございました。

以上が疲れについてでした。

次回は、この疲れの解消方法をお伝えします。

ぜひ、ご覧ください。