健康ナビ

健康になるための情報

ツボ刺激!やりたくなる!?~身近にある物でおこなう方法

ご覧いただきありがとうございます。

 

前回までは、手指を使った家庭でできる、ツボの指圧やマッサージについてのご案内でしたが、今回は身近にある物を利用して行う、ツボ刺激の方法についてです。

 

前回までとは違ったやり方で①~⑥の方法がありますので、みなさんも参考にされてはいかがでしょうか。

 

鍼は特殊な技術が必要ですが、それに比べてこの方法は誰にでも簡単にできると思います。

 

お休みを利用して、ご家族の方にやっていただいたら良いのではないでしょうか。

 

 

家庭でできるツボ刺激

f:id:w-yakyuuboy:20161024212432j:plain

 

 

身の回りの品で行う方法

①蒸しタオルであたためる

疲れこり冷えのある部分を蒸しタオルなどで温める方法です。

 

やけどしない程度の熱い湯にタオルを浸して、固く絞ってから体の部分に当てます。

 

血液の流れがよくなり気分もスッキリします。

 

 

②氷で冷やす(冷灸)

氷をビニール袋などに入れて、ツボを冷やします。

 

ツボを冷やすとその刺激でツボの周りの血管や筋肉が収縮しますが、その後、筋肉の緊張がほぐれて血管が広がり、こり急性の痛みを和らげます。

 

 

③つまようじでつつく

つまようじを輪ゴムで10本ほど束ねて、つまようじの太い部分、または先の部分を使って、ツボをつついて刺激する方法です。

 

つまようじの代わりに、マッチ棒の頭の方を使用しても良いでしょう。

 

多少”痛いと感じる”程度につつくと効果的です。

 

 

④青竹を踏む

土踏まずのまん中には、湧泉ゆうせん)というツボがあり、生命の泉が湧くといわれているくらいですから、足の裏を刺激すると活力が増加し、体調をととのえるのに効果があります。

 

半分に割った竹の上に乗り、背筋を伸ばした正しい姿勢でももを高く上げ、70~75回1分間)足踏みします。

 

イスや机につかまって足踏みすると楽にできます。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161024212310j:plain

 

 

⑤米粒や仁丹を貼る

米粒や仁丹をツボに当てて絆創膏などで貼ります。

 

これは、ツボ刺激を持続させるための方法です。

 

この方法は、度々貼りかえないと効き目が弱まります

 

また、磁気おびた特殊な金属など、これを利用した健康用具が販売されています。

 

腰痛慢性の頭痛せきなどに効きます。

 

 

⑥ヘアドライヤーで温風刺激

ツボを温風刺激すると鎮痛に効果があります。

 

また、弱い風圧による温風刺激は、マッサージを軽くしたのと同様の効き目があります。

 

心地よいと感じる温かさの熱風を、こり痛みがある場所に5~10分ほど送風します。

 

この方法は、神経痛の治療などに良く使われる方法です。

 

 

以上が「ツボ刺激!やりたくなる!?~身近にある物でおこなう方法」についてのご案内でした。

 

次回は、家庭でできるツボ刺激の灸のすえ方をご案内する予定です。

 

ぜひ、ご覧ください。

ツボ!家庭でできる!~心地良いと感じるやり方 その2

ご覧いただきありがとうございます。

 

前回は、「家庭でできるツボ刺激 その1」で、その内容は、「心地良いと思うツボ刺激のやり方」についてでしたが、今回は、ご家庭でできるツボ刺激の具体的な方法のご案内です。

 

その方法を取り上げてみると意外と多くの方法がありますね。

 

心地良いと思われる自分に合った方法で、ツボ刺激を行っていただくと良いと思います。

 

次に記した内容を参考にして行ってみてくださいね。

 

 

家庭でできるツボ刺激

f:id:w-yakyuuboy:20161024054353j:plain

 

 

指圧・マッサージ

方法①

なでる、さする(軽擦法 ケイサツホウ)

マッサージで最もよく使われる手法。

 

治療される人の肌に手の平をぴたりとくっつけて、適当な力を加えながら、さすったりなでたりします。

 

マッサージは始めから終わりまで同じ強さでするのがコツです。

 

肌と手指との間にすき間ができると、指先だけに力が入ることになり、治療される人は痛みを感じるだけで、効き目が悪くなります。

 

マッサージする体の部分やその面積によって、手の平全体を使用したり、親指だけ、または、他の指をそろえて使用したり、指でつまむようにするなど、マッサージする部分によって使い分けます。

 

家庭では、ブラシタオルなどを使用して行っても良いでしょう。

 

 

方法②

もむ(揉捏法 ジュウネツホウ)

主に筋肉を対象として行います。

 

指先だけに力を入れず筋肉をしっかりと掴んで、手くびやひじを動かし、手の平全体または指の腹全体で軽く、小さな輪を描くようにして柔らかにもみほぐしこねます、指先だけで力を入れもむと皮膚をすりむく事があります。

 

コツは、固い筋肉は強く柔らかいところは弱くが基本です。

 

 

方法③

ふるわす(振せん法)

手の平や指先をぴたりと肌に押し付けながら、そこを細かく震わせて、リズミカルな振動を与える方法。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161024054613j:plain

 

 

方法④

たたく(叩打法 コウダホウ)

両手または片手を使ってたたきます。

 

手首を柔らかにして、ひじから先を上下に早く動かし、軽くリズミカルにたたくことがコツです。

 

固い大きな筋肉や広い所は、軽く握ったこぶしの下の小指側でたたき、柔らかで狭い所は、指先または親指以外の指を使い物を切るようにたたきます。

 

この方法は、軽く短時間で行うと、筋肉や神経の機能が高まりますが、逆に、強く長時間たたくと、かえって機能を抑制することになります。

 

 

方法⑤

押す(圧迫法)

手の平、または指を使用して体の部分を圧迫する方法です。

 

その方法は、それぞれのツボに3~5秒間圧迫します。

 

このとき大切なことは、治療する人の体重を指先に集中し、治療される人の体に応じて圧力を加減しながら、その人の体の中心に向かって押すようにします

 

押すときのポイントは、力を徐々に加えていき、徐々に緩めていくようにすることです。

 

この方法は、筋肉のケイレン神経痛の痛みを取るのに適しています。

 

 

以上が「ツボ!家庭でできる!~心地良いと感じるやり方 その2」についてのご案内でした。

 

次回も家庭でできるツボ刺激の具体的な方法をご案内します。

 

ぜひ、ご覧ください。

ツボ刺激!「お家でおこなう!」編 その1

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は「家庭でできるツボ刺激」についてです。

 

ツボ押し治療の魅力は何といっても手軽に、ご家庭でもできるということではないでしょうか?

 

ご家庭で自分一人で行っても良いですし、自分一人ではとどかない所のツボは、ご家族の方にお願いして行っても良いと思います。

 

ツボ治療を有効に行っていきましょう。

 

しかし、コツや注意点もいくつかありますので、次の内容を参考に行っていただければ良いと思います。

 

 

家庭でできるツボ刺激

f:id:w-yakyuuboy:20161022164304j:plain

 

 

指圧・マッサージ

心地良いと感じる方法で

ツボを使用した治療法には、マッサージ指圧ハリなどがあります。

 

指圧ハリはツボを刺激し体の機能を高める働きをします。

 

例えば、血圧が高ければハリ指圧を、逆に血圧が低ければマッサージが良いということです。

 

しかし、人それぞれ相性というものがありますので、自分がやってみて自分に合った心地良いもの、また、長く続けることができそうなものが良い治療法といえるでしょう。

 

 

コツと注意点

押してみて痛いと感じれば強めに、痛いと感じなければ逆に弱めに

軽くツボを指で押してみましょう。

 

そして痛さを感じれば機能が高ぶりすぎた状態ですから、機能をしずめるための治療を行います。

 

つまり、ツボを強めに押せば良いということです。

 

押しても、逆に痛みがなく、心地良ければ機能が鈍り衰えている状態ですので、機能の衰えを補う治療として、そこを軽く押します

 

f:id:w-yakyuuboy:20161022164405j:plain

 

 

きき手側に相手を寝かせて行う

指圧する人は指先に体重をかけながら適当な強さに調整し押すことです。

 

そのためには、治療をする人の身構えが重要で、常にきき手側に相手を寝かせ、正座位または片ひざ立ての状態で行います。

 

押す方向は、いつも相手の体の真ん中に向かって押すようにします。

 

圧迫していく間隔は3~5cmくらいで、指先を移動させながら順々に押していきます。

 

 

帯やベルトは外して行う

腰やお腹を治療するときは、食後30分以上たってから、そして必ず排尿、排便後に行うようにします

 

また、帯やベルトなどは外して、体をリラックスさせた状態で行います。

 

指圧する人は、手は清潔にして、つめは短く切りましょう

 

f:id:w-yakyuuboy:20161022164513j:plain

 

 

急性病や伝染病は避ける

ひどい湿疹がある皮膚病皮膚が化膿しているとき急性病で熱が高く安静を必要とする場合重い胃潰瘍・十二指腸潰瘍悪性の腫瘍にかかっているとき、あるいは妊婦さんのお腹などを行ってはいけません。

 

また、伝染性の病気にかかっている場合も行ってはいけません。

 


以上が「家庭でできるツボ刺激」についてのご案内でした。

 

次回は「家庭でできるツボ刺激」についてのより具体的な方法をご案内します。

 

ぜひ、ご覧ください。

ツボ!「疲労」「便秘」「冷え症」などに効く!~「足」編

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回は特効ツボの「」についてのご案内です。

 

少しでもツボについて興味を持っていただけたでしょうか。

 

ツボ押し治療は、手軽にでき、行うときの場所も選びません。

 

何かをする時のついでに、行うというのも良いのではないでしょうか。

 

例えば、今回の「足」のツボ押し治療であれば、お風呂の湯船に浸かったときや風呂上りに行ってみてはいかがでしょうか。

 

この様に工夫していただくと、ツボ押し治療の時間も有効活用できるのではないでしょうか。

 

 

特効ツボの位置と効果

f:id:w-yakyuuboy:20161021190632p:plain

 

 

「足」の特効ツボ【図①~⑨参照】

①委中(いちゅう)【図1参照】

委中は、ひざの裏のくぼみの中心にあるツボで、座骨神経痛腰や背中の痛み関節リウマチふくらはぎのケイレンのツボ。

 

 

②承山(しょうざん)【図1参照】

承山はふくらはぎの下にあるツボで、足に力を入れつま先で立ったときにできる筋肉のくぼみにあるツボ。

 

座骨神経痛ふくらはぎのだるさに効きます。

 

 

③血海(けっかい)【図2参照】

血海は、ひざの皿の内側上端から2寸(約4cm)上の所にあり、ひざを伸ばして太ももに力を加えると、そこに筋肉のくぼみができるツボ。

 

婦人の血の道に効くツボ。

 

 

④三陰交(さんいんこう)【図2参照】

足の内側にあるくるぶしから、手の親指を除く4本の指をあてて、手の平のすぐ上にあるツボ。

 

押すとしびれのような痛みがあります。

 

更年期障害生理異常冷え症などに効くツボ。

 

また、ひざや足の疲れを解消し、下痢の症状や胃病やせすぎ太り過ぎにも効果あり。

 

 

足三里(あしさんり)【図3参照】

手三里もありますが、ここの足三里は、ひざを60度に曲げて、手の親指をひざの皿の上に当てた時、中指を伸ばして指先が当たる所。

 

昔から体力増強の特効ツボとされており、あらゆる病気や症状に必ず使用される基本のツボです

 

 

⑥陽陵泉(ようりょうせん)【図3参照】

陽陵泉は、膝関節の外側すぐ下に突出した骨のすぐ下にあり、座骨神経痛筋肉の病気などに使用されるツボ。

 

 

⑦然谷(ねんこく)【図2参照】

然谷は、内側のくるぶしの下を親指の方に触ってゆくと、土踏まずの所でふれる、尖った骨の下にあるツボ。

 

膀胱炎扁桃足裏の痛み冷え症に効くツボ。

 

 

⑧太白(たいはく)【図4参照】

太白は、親指つけ根の関節の裏近くで、くぼみにあるツボ。

 

便秘消化不良吐き気消化器疾患からくる頭痛などに効くツボ。

 

 

⑨湧泉(ゆうせん)【図4参照】

足の裏の、まん中よりやや足先側に寄った所のくぼみにあり、押すとやや強い痛みがあります。

 

土踏まずは、神気の流れ注ぐ所として昔から重要視された所です。

 

疲労精力減退婦人科疾患などに効きます。

 

竹踏みや指圧などによりこのツボを刺激すると効果的です。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161021191011p:plain

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161021191042p:plain

 

 

以上が「足」の特効ツボについてのご案内でした。

 

次回もツボについてのご案内をします。

 

ぜひ、ご覧ください。

ツボ!「糖尿病」「視力低下」「肝臓病」など!~「背中」「腰」編2

ご覧いただきありがとうございます。

 

ツボのご案内も12回目となりました。

 

今回も前回に引き続いて「背中」「」のツボについてです。

 

体全体のツボは数多くその位置も分かりづらいですね。

 

また、効果も様々で奥が深いと思いますし、私もツボについてもっともっと知っておきたいと思いました。

 

そして、これまでのツボに関した記事を読んでくださっていると、自分自身の症状に合ったツボが見つかるかも知れません。

 

そんな時はとてもツボの位置が気になりますよね?

 

みなさんは気になる症状はありますか?

 

そういった方に少しでも参考になれば幸いです。

 

 

特効ツボの位置と効果

f:id:w-yakyuuboy:20161020160619j:plain

 

 

背中」「」の特効ツボ【図⑧~⑮参照】

⑧肝兪(かんゆ)

肝兪は、第10胸椎の上から左右1寸5分(約3cm)の所にあり、肝臓病精力減退中風全身の疲れだるさめまい視力低下、などの様々な全身の病気に効果があるといわれています。

 

 

⑨大腸兪(だいちょうゆ)

大腸兪は第5腰椎の上、左右約1寸5分(約3cm)の所にあり、大腸の働きを促進するツボです。

 

そのほかに、ぎっくり腰足・ひざの疲れからくる痛みジンマ疹などに使用されます。

 

 

⑩小腸兪(しょうちょうゆ)

小腸兪は第1仙椎から下へ、左右約1寸5分(約3cm)の所にあり、小腸の機能をととのえるツボです。

 

また、女性の生理痛生理不順などに効果があります。

 

 

⑪肺兪(はいゆ)

肺の機能低下をととのえ元気にするツボです。

 

左右の肩甲骨の突き出た部分を結んだ線上で、脊椎から左右約1寸5分(約3cm)の所になります。

 

兪のつくツボは後頭部から背中、腰、おしりにかけて全部で17ヵ所あり、背骨の両側にあります。

 

兪は胸、お腹の臓腑に邪気の注ぐ所という意味です。

 

 

⑫脾兪(ひゆ)

第12胸椎の上で、背骨の左右1寸5分(約3cm)の所にあります。

 

脾は、現代医学でいう膵臓すいぞう)を指し、脾兪は膵臓をととのえるツボです。

 

インスリンというホルモンが膵臓から分泌されるが、そのインスリンの出が不調になると糖尿病にかかりやすくなります。

 

よってこのツボは糖尿病からくる黄疸疲れやすさ体のだるさなどに効果があります。

 

 

⑬膀胱兪(ぼうこうゆ)

膀胱兪は第2仙椎の下、左右約1寸5分(約3cm)の所で、膀胱の冷え夜尿症に効きます。

 

 

⑭次髎(じりょう)

次髎は背骨と膀胱兪の間で、少し下寄りの所にあります。

 

座骨神経痛の特効ツボです。

 

生理異常冷え症泌尿器疾患などに使用します。

 

 

⑮胞肓(ほうこう)

胞肓は膀胱兪の外側約1寸5分(約3cm)の所にあり、婦人病性器に関する病気の治療には、必ず使用される特効ツボです。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161020160715p:plain

 

 

以上が「背中」「腰」の特効ツボについてのご案内でした。

 

次回も引き続き特効ツボについてご案内しますので、ご覧いただけたら幸いです。

特効ツボ!超簡単!手と腕を押すだけで効く~全身疲労・高血圧など

ご覧いただきありがとうございます。

 

特効ツボについてご案内していますが、今回は、「」「」のツボについてです。

 

これらのツボは精力増強全身疲労関節リウマチ高血圧など約30以上におよぶ症状に効くツボ(主に①~⑨の9箇所)をご紹介しています。

 

数あるツボの中でも「手」「腕」のツボは手が簡単に届き、自分自身でツボ押し治療が行えるので、手軽で良いですね。

 

下記に症状とツボの関連について記載していますので、ぜひツボの位置を覚えられてツボ治療を行っていただけたらと思います。

 

 

特効ツボの位置と効果

f:id:w-yakyuuboy:20161018194615j:plain

 

 

」「」の特効ツボ【図1・2参照】【写真1・2参照】

①陽池(ようち)・・【下図1参照】

陽池は、手の甲を上にして手と腕の間にある関節のまん中にあるツボです。

 

腕が痛む時や手関節のリウマチのほか精力増強などにも効果があります。

 

 

②合谷(ごうこく)・・【下図1参照】

合谷は、人さし指と親指の間のつけ根から、人さし指の方に少し寄った所。

 

ここを押すと痛みがあり、ペンなどを長時間握って疲れた時はここをもむと疲れがとれ楽になります。

 

高血圧耳鳴り目の疾患小児のひきつけなどにも効果があります。

 

 

③労宮(ろうきゅう)・・【下図2参照】

労宮は、手の平のほぼまん中にあるツボ。

 

全身疲労関節リウマチ体の節々が痛い時小児のかんの虫などに効果があります。

 

手の平を良くもみほぐすと疲れが解消するのは、労宮が刺激されるためです。

 

 

④少府(しょうふ)・・【下図2参照】

少府は、手の平の下方にあり、第4手骨と第5手骨との間を指で押し上げていくとくぼみで止まる所です。

 

半身不随肘や手が痛いインポテンツといった場合に使用するツボです。

 

 

⑤曲池(きょくち)・・【下写真2参照】

曲池は、肘を曲げたときに外側にできるしわの、ひじ寄りのところ。
押すと痛みがある所です。

 

頭痛腕の痛みしびれ下痢などに効果があります。

 

 

⑥手三里(てさんり)・・【下写真2参照】

これは手の三里で足にも三里はあります。

 

肘の外側の曲がり目から約2寸(約4cm)、手のほうに寄った所にあり、押すと痛みがあります。

 

肘や手から前腕が痛む時歯痛蓄膿ほおから下あごにかけての腫瘍などに効きます。

 

 

⑦尺沢(しゃくたく)・・【下写真1参照】

尺沢は、肘の内側のほぼ中心にあり、やや外側に寄った所です。

 

ゼンソク種々の肘痛吐血遺尿症扁桃に使用され、優れた効果があります。

 

 

⑧神門(しんもん)・・【下図2参照】

神門は手の平側の関節近くの横じわがある所です。

 

便秘疲れやすいだるい心臓疾患の時に効果があります。

 

 

⑨内関(ないかん)・・【下図2参照】

内関は、手の平を上にし手首を曲げた時2本の筋が表れる、この筋と筋の間にあり
手首から約2寸(約4cm)手前の所にあります。

 

狭心症などの発作肘から前腕の痛みに効果があります。

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161018193150p:plain

 

 

f:id:w-yakyuuboy:20161018193230p:plain

 

 

以上が「手」「腕」の特効ツボについてのご案内でした。

 

次回も特効ツボについて引き続きご案内します

 

ご覧いただけたら幸いです。

特効ツボ!先天的に持つ元気をつかさどるツボはここだ!~胃の病気など

ご覧いただきありがとうございます。

 

特効ツボについて、ご案内していますが、今回も前回に続いて「胸」「お腹」のツボについてです。

 

ご存知のとおり人体にはツボが沢山ありますね。

 

ツボそれぞれに対して効果もまた沢山あります。

 

ツボについて色々考えるうちに、自分の体の健康のためにもその位置と効果がすごく気になるようになりました。

 

そして、もっともっと知りたいという気持ちになりました。

 

なぜって?

 

ツボについて少しでも詳しくなれば、自らの体の不調時にも自分でツボ治療ができるのではないかと思ったからです。

 

みなさんもぜひ自分でツボ治療をなさってはいかがでしょう。

 

 

特効ツボの位置と効果

f:id:w-yakyuuboy:20161016190105j:plain

 

 

」「お腹」の特効ツボ(写真⑭~⑱参照)

⑭巨闕(こけつ)

膻中(だんちゅう)と中(ちゅうかん)の間で、この二つのツボのまん中よりやや下側の、みぞおちの所にあり、漢方ではこの部分につかえて違和感や抵抗感があるとき「心下の痞硬しんかのひこう)」と呼んで、体調をはかるバロメーターとしています。

 

胸痛慢性の胃の病気息切れのほか、ゼンソク動悸不眠症などにも効果のあるツボです。

 

 

⑮肓兪(こうゆ)

へその両側約5分(約1cm)の所で、少し下の所にあります。

 

このツボは「男子の子なきを治す」といわれ、精力増強のツボであり、子供ができないなどの男性に異常がある場合の特効ツボとされています。

 

 

⑯天枢(てんすう)

食あたりなど、お腹を壊した際に用いると効果があるツボです。

 

へその左右2寸(約4cm)の所にあり、お腹を壊して起こる下痢の症状や、また便秘の時などには、このツボを指圧すると良く効果があらわれます。

 

東洋医学ではへそから上を天下を地と分けて考えますが、へその高さが天地の分かれる枢要な所なので、天枢と名がつきました。

 

 

⑰大巨(だいこ)

便秘生理異常の特効ツボです。

 

位置は天枢から約2寸(約4cm)下の所にあります。

 

このツボは、体のへそから下部の病気があらわれる所で、大巨の大は「大きい」という意味ではなく、「大切」という意味があります。

 

とくに左側の大巨は、昔から婦人の瘀血”おけつ”(古血”ふるち”)の有無を調べたり、その治療に使用されています。

 

座骨神経痛腎炎下痢不妊などにも効果があります。

 

 

⑱関元(かんげん)

へその下、約3寸(約6cm)の所にあり、人間が先天的に持つ「元気の出る働き」をするツボとされています。

 

また、小腸の疾病からくる便秘消化不良生理不順などの特効ツボとして使用されます。

 

その他、冷え症精力減退のほか、男女の性器の疾病による治療には、欠かせないツボです。

 

f:id:w-yakyuuboy:20161016190320p:plain

 

 

以上が「特効ツボ!先天的に持つ元気をつかさどるツボはここだ!~胃の病気など」についてのご案内でした。

 

次回も特効ツボの位置と効果についてご案内しますので、ぜひご覧ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。