健康ナビ

健康になるための情報

あせも

アントシアニンの抗菌力は無限の可能性!小豆の表皮!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「小豆」のご案内です。 小豆のアントシアニンは、表皮の部分に豊富に含まれています。 小豆を茹でると、灰汁という苦い汁が出てきます。 この煮汁には、体に有効なポリフェノールといわれる成分が、多く含まれて…

アレルギー症状に効く!オメガ3系脂肪酸&αリノレン酸!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「オメガ3系脂肪酸とαリノレン酸」のご案内です。 オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は、必須アミノ酸であり、人の生命維持にとって必要なものです。これは、体内では作れない必須脂肪酸で、魚に多く含まれるDH…

シミ、ソバカスに効く!~ピーマン!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ピーマン」のご案内です。 ピーマンの語源は、トウガラシのフランス名ピマンから由来したといわれており、とうがらしの一種で、原産地は中南米です。 ピーマンには、多くの有効成分が含まれていますので、次にそ…

美肌効果!柿の葉茶~ビタミンCはレモンの20倍!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「柿の葉茶」のご案内です。 柿の葉は、古くから健康茶として用いられてきました。 柿の若葉には、レモンの20倍、ホウレン草の10倍ほどのビタミンCが含まれ、ビタミンCの宝庫ともいわれています。 柿の葉寿司に…

肌トラブルを改善!~ゴボウ茶!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ゴボウ茶」のご案内です。 前回もゴボウについてご紹介しましたが、今回はゴボウ茶についてです。 ゴボウには、カリウムも多く含まれており、血圧を下げる効果や老廃物を体外への排出する効果があります。 また…

肌トラブルを改善!~ゴボウ!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ゴボウ」のご案内です。 ゴボウはキク科の越年草で、主に根を食用(稀に葉もあり)とするために栽培されます。 栽培は、強酸度土壌では適さず、よく肥えた深い土を好みます。 土質は、やや粘重のほうが香味がよ…

シソ茶!~花粉症&アトピーなどに効く!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「シソ茶」のご案内です。 シソは、シソ科の一年草で、原産地は中国、ビルマ、ヒマラヤ地方といわれていまが、日本でも古くから栽培されています。 全草に芳香があり、健康食品としても多くの人に、利用されていま…

アトピーを治す!~ヨモギ茶!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ヨモギ茶」のご案内です。 ヨモギはキク科の多年草で、漢名は艾葉(がいよう)といいます。 ヨモギは、クロロフィル、カロテン、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミン類などのほか、ミネラルや食物繊維なども豊…

湿疹・あせもに効く!~ドクダミ茶!

ご覧いただきありがとうございます。 今回は「ドクダミ茶」のご案内です。 ドクダミは、初夏のころ花が咲くドクダミ科の多年草です。 全草に特異な臭気があります。 地中に長くて白い根茎をのばし繁殖します。 漢名ではジュウヤク(重薬、十薬)ともいわれ、…

赤ちゃんのあせも・かぶれには!

赤ちゃんの皮膚のトラブルといえば、おむつかぶれと、あせもがよく知られています。 日頃から出きやすい、おむつかぶれやあせもは、病院にかかるほどでもないと、思っているうちに、悪化することもあります。 あせもの場合、化膿してひどくなると、リンパ節…